完全に一致!?『キンプリ』平野紫耀の発言が「コウメ太夫と同じ」問題を検証

画/彩賀ゆう

「チャンチャカチャンチャン…」のフレーズで知られるお笑い芸人・コウメ太夫。ちまたでは「ネタというよりただのウソ」とも評されるが、あまりに低レベルでくだらないため、一周回って「腹がよじれる!」と話題になるほどだ。

有名なのは、

《偏差値の低い学校に入学したら~先生がチンパンジーでした~チクショー!》
《ジャグジー風呂かと思って入ったら~100℃に沸騰したお湯でした~チクショー!》

など。コウメはこれらを一応“体験談”というテイで話している。

さて最近、どうもコウメレベルに“嘘つき”だと評されている人物がいる。それは、ジャニーズ『King&Prince』の平野紫耀だ。

11月4日放送の『林先生が驚く 初耳学』(TBS系)では、「トイレでご飯などを食べ、半日くらい過ごすことがある」と告白し、疑惑の目が向けられていた。

 

でも本家のキレにはまだまだだな

他にも、数々のバラエティー番組で、

《牛丼に紅ショウガを入れるはずが、紅ショウガが入っていた袋の方を乗せた》
《豆乳イソフラボン入りの乳液を、豆乳の味がすると思って舐めた》
《バレンタインデーにもらった65個のチョコレートをフライパンに集めて溶かし、1つの大きなチョコにして冷凍庫に保管していた》
《21年間うどんを噛んだことない。飲み込んでいる》
《幼少期、電柱を見て「なんで堂々とこんな道に立ってるんだ?」と思ってパンチをしたら骨折した》
《5円玉を5円チョコと勘違いしてよく食べていた》

などといったネタなのか天然ボケなのか判断しがたいエピソードを次々と語っている。

ここで、平野の発言をコウメのネタに乗せてみると、

《5円チョコと思って食べていたら~本当の5円玉でした~チクショー!》

と、全く違和感がない。

従来もコントやトークに才能を発揮するジャニーズアイドルはいたが、イロモノ芸人と正面から張り合えるのは平野だけだろう。

 

【あわせて読みたい】