今期ドラマ最高の番狂わせ!?『今日から俺は!!』大成功の理由

(C)Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

初回視聴率9.8%とまずまずのスタートを切ったものの、第2話では8.3%に下落し、“爆死ほぼ決定”と囁かれたドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ系)。しかし、そこから意外な健闘を見せている。

同作は金髪パーマの三橋貴志(賀来賢人)と、相棒のツンツン頭、伊藤真司(伊藤健太郎)が織り成す痛快爆笑学園ドラマ。原作は西森博之氏による累計発行部数4000万部超えの同名漫画で、ドラマ化が発表されたときは、「今どき誰があんな髪型にするんだ!」「実写化するにはふざけ過ぎている」などと始まる前から酷評の嵐。期待する声はかなり少なかった。

「第2話では落ち込んだものの、その後、少しずつ盛り返してきて、11月11日に放送された第5話は、初回と並ぶ9.8%の視聴率を記録。次回以降、どこかで2桁に乗せるのは確実でしょう。WEBサイト『ザテレビジョン』の『視聴熱デイリーランキング』では、今クールの人気ドラマ『下町ロケット2』(TBS系)を抜いて1位に躍り出ました。SNSの口コミで、人気に火が付いたようです」(エンタメ誌記者)

 

まさかの小学生に大人気

ネット上では当初、「平成最後の年に昭和のヤンキーってどうなの?」「おっさん世代の懐かしドラマ」と、揶揄されていたが、フタを開けてみれば若者に大ヒット。驚いたことに、小学生の間でも大人気になっているという。

「今の時代、ヤンキーは絶滅危惧種ですから、小学生にとってみればコスプレを見るような楽しさがあるのでしょう。あまりにも突き抜けたバカバカしさも、アニメを見ているような感覚で、子ども人気に拍車を掛けています。ドラマ出演者たちが歌う主題歌『男の勲章』は、オジサン世代にはお馴染みの嶋大輔の曲とあって、親子で熱唱したと報告するお父さんも。中には、自分の若いころの武勇伝を子どもに語る人もいるようです(笑)」(同・記者)

第1話では、映画『クローズZERO』のオマージュともとれる小栗旬がいきなりゲスト出演したことが話題になったが、今後も山田孝之や堤真一、山崎賢人らの登場が予告されており、ネット上では早くも「どんな作品を絡めてくるのか楽しみ」という声も広がっている。

鳴り物入りで始まったはいいが、あっけなく失速するドラマも多い中、大健闘中の『今日から俺は!!』。今期一番のサプライズと言っていいだろう。

 

【画像】

Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】