あまりにも「変態」高嶋政宏の“食事法”にドン引きの石橋貴明たち…

(C)Mangostar / Shutterstock

11月12日に『石橋貴明のたいむとんねる』(フジテレビ系)が放送され、俳優の高嶋政宏がゲスト出演した。ロケに臨んだ高嶋は、あるものを吸いながらグルメを味わったが、その姿にMCの石橋貴明は「あまりにも変態」とあ然。視聴者からも「怪しすぎる」との声が相次いでいる。

番組は「食を追求する男」「変態グルメ王」と評し、高嶋を紹介。芸能界きっての食通とされる高嶋が「超常連しか入れない店」を紹介する番組構成だった。

石橋、高嶋、ミッツ・マングローブの3人でロケを敢行。高嶋は行きつけという寿司屋に入るなり、「ミネラルウォーターもらえますか?」と店主に聞きながら、ボトルを取り出し水を入れ、鼻にチューブを差し込んだ。

 

高嶋、鼻にチューブを差し込み食事

高嶋が「これから食べるものを楽しむには五感を研ぎ澄まさなければいけない」と話しながら、鼻から吸い込んでいたのは水素だった。高嶋いわく、水素は「味覚を高める秘密兵器」という。

持ち運びできる水素発生装置を稼働させながら、高嶋は雄弁に語り始める。「水素を吸うと毛細血管まで全部水素が入り込んで、ニンゲンが本来持つその血管、その本来のものに戻していく。つまり、味覚・嗅覚・触覚、さまざまなものが…(研ぎ澄まされている)」と話しながら、気持ちよさそうに水素を吸い込みニヤリ。食事前から恍惚の表情を見せた。

石橋とミッツはあ然。40分番組なだけに「何してるんですか!」「尺を食う!」と高嶋の行動に呆れていた。

視聴者からは、

《遭難から救出された後に、入院した病棟から飛び出してきたみたいな見た目》
《水素水なんて根拠のないものやめた方がいいのに》
《そのうち薬でもやりそうで怖い》
《病気しているみたいじゃないか》

といったツッコミが続出。

食へのこだわりが強い高嶋だが、家族はどんな気持ちで番組を見ていたのだろうか。

 

【画像】

Mangostar / Shutterstock

【あわせて読みたい】