TBS宇垣美里アナ“性格”がたたってBSニュースへ転出か

宇垣美里 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

TBSの宇垣美里アナが、近く地上波から消えるという何とも残念な評判が囁かれている。

「彼女は今、アナウンス室でも浮きまくっているようです。自分は誰よりも美人だというウヌボレは、タレント化したアナウンサーとしては大事なことですが、周囲はそれほど評価せず、地味な仕事を与えるるとフテくされる。常に目立つ仕事じゃないとやりたがらないから、どの番組のプロデューサーも使うのを敬遠しているというのです」(TBS関係者)

宇垣アナは今年3月まで、朝の情報番組『あさチャン!』に出演。遅刻に始まり、巨大なバストをことさら強調して見せたり、揚げ句は自分の企画した単独コーナーをやりたいと言いだした。

「これにはプロデューサーも激怒し、降板を言いわたす事態に発展。すると宇垣アナは逆ギレ。『なんでよッ!』と暴言を吐き、コーヒーを壁に投げつけたのです」(同・関係者)

この“コーヒーぶちまけ事件”は多くの新聞、週刊誌に書かれ、彼女の人間性を如実に表した。

「4月から出番激減で、司会のレギュラーは情報番組『ひるおび!』ぐらい。それもホンの少し映るだけ。あとは新人やフリーがやるリポーターとか。今の仕事を見る限り完全に終わっている感じですね」(同)

 

せっかく人気はあるのに…

宇垣アナは、最近、『週刊新潮』に登場。「私の週刊食卓日記」で1週間の食事を紹介した。

「仕事の話も入れるのが普通なのですが、書きようがなかったようです。『火曜日だけレギュラーの仕事確定』とか『明日がこなけりゃいい』なんて、文面からも仕事がないのは明らか。ラジオの仕事が多少出てきますが、地上波ではお呼びがないのでしょう」(テレビ雑誌編集者)

正直、同誌記事を見る限り、華やかな仕事の話は皆無といっていい状態だ。しかも、負け惜しみなのか「取材や執筆などの依頼は、私がアナウンスセンター随一らしい」と、アナ仕事に関係ない自慢を披露。

「執筆など他社の仕事だって許可を出さないと、またフテくされてテレビで文句を言ったりする。前に週刊漫画誌のグラビア出たときも『私、出たいから』で、最初ダメだったのに聞く耳を持たない。上司も面倒くさいから許可を出すようです」(前出のTBS関係者)

このままでは宇垣アナの居場所は、本当になくなってしまいそうだ。

「今後は前日のニュースをまとめて早朝4時から放送する『BSニュース』に回されるようです。BSとはいえメインで司会ができる。通常フリーがやる仕事ですが、自尊心は満たされるんじゃないですか。嫌だったら退職でしょう」(前出のテレビ雑誌編集者)

人気があるだけにもったいない。視聴率優先なら、ぜひとも“性格”には目をつむってほしいものだ。

 

【あわせて読みたい】