『AKB48』向井地美音を「痩せろ!」「ブタ!」と追い詰める暴走ファン

(C)pathdoc / Shutterstock

世界的に“痩せ過ぎ”女性に警鐘を鳴らす動きが進んでいるが、日本ではまだまだのようだ。

ここ最近、ネット上で『AKB48』向井地美音に“激太り”疑惑が向けられている。ライブ公演の中継を見たファンが「太ってしまった」と感じたようで、ほんの少し肉付きが良い程度に思える体型だが、ファンたちは、

《水着グラビアやった方がいいんじゃないか? そうすれば嫌でも痩せるだろ》
《プロレスに備えて増量してるんだな》
《冬眠前の熊かよ》
《デブのくせに前髪スカスカにしてると、脂でそうなってるみたいになるからやめろ》
《なんや、この豚は》
《この醜いデブスを選抜から落とせよ》

などといった、聞くに堪えない罵声をぶつけている。

しかし、向井地のSNSに上がっている写真の数々を見ても、周りのメンバーと比べて特別太っているようには全く見えない。これ以上痩せると、痩せ過ぎで体調を崩す可能性さえありそうだ。

 

世界のトレンドは“脱”痩せ過ぎ

「今年6月に開催された『AKB48世界選抜総選挙』の前、『HKT48』の宮脇咲良が、選挙に向けて“朝ご飯だけを食べるダイエット”をしていると明かして物議を醸していました。ネット上で話題になると、宮脇はすぐさま『みんな心配掛けてごめんね ちゃんと食べて、運動するダイエットにシフトチェンジしてるよ! 健康第一』と訂正。ファンたちの間に過剰な“痩せ信仰”があるからこそ、このような問題が起きたのだと思います」(芸能記者)

モデルのローラや菜々緒、ダレノガレ明美などは、適度に筋肉を付け、痩せ過ぎていない体型を維持しているとSNSで明言。ファッション大国であるフランスでは、“痩せ過ぎモデル”の活動を禁止する法律まで施行された。

それなのに、日本のアイドルはガリガリに痩せようとする。適度に“肉”が付いている方がどれほど気持ちイイかを、暴言を吐くファンは“経験がない”から知らないのだろうか。

 

【あわせて読みたい】