福原愛『ママタレ』のオファー殺到に「やめた方がいい」理由とは

福原愛 

(C)まいじつ

今年10月に引退を発表した卓球の福原愛。これを機に、福原を「ママタレとして起用したい」との声がテレビや広告代理店から沸き起こっている。

「福原は、今年立ち上げられた国内卓球リーグ、Tリーグの役員になるともいわれており、台湾から帰国したタイミングで芸能活動も本格的にスタートすると思います」(女性誌記者)

先のリオデジャネイロ五輪後、事実上の引退状態だった福原。結婚と出産も重なったが、中国や台湾のテレビ局の出演オファーには応じていたので、「テレビに出たくない」というわけではなさそうだ。また、夫の江宏傑と日本のテレビCMにも出演しているので、芸能活動がメインとなる生活にも抵抗はないだろう。

しかし、「福原愛がママタレとして活躍する!?」というニュース記事が出回ると、ネット上では否定的な声が続出。

《結婚してからの嫌われっぷりがえげつないのに需要あるの?》
《マスコミ関係者には人気があるだろうけど、一般の人からはそれほど好かれてるわけではない》
《イメージが下がる一方だからやめてほしい》
《清潔感も好感度もゼロ。 この人がCMするならその商品買わなくなるわ》

などと、罵声まで飛び交っている。

 

女の敵になった福原愛

「夫とのラブラブっぷりを見せびらかしてからというもの、福原は一気に“女性の敵”になってしまいました。中国の番組で、夫と“1日100回キス”に挑戦したり、ベッドの上で絡み合ってイチャイチャする姿をさらしたりしていたのです。中国の感覚では“微笑ましい”のかもしれませんが、日本の感覚では“はしたない”以外の何ものでもありませんからね」(芸能記者)

他にも、ツイッターでイチャイチャ画像を公開するなど、何から何まで感覚が日本人とズレている福原。

ママタレとしてテレビに出演しようものなら、エピソードトークで炎上するのは確実。視聴率は稼げるかもしれないが、ブランド価値のアップを望むオファーなら、やめておいた方が賢明なのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】