女子高生『第3次韓流ブーム』を狙う“悪質詐欺”の被害が増殖中!

(C)Piyato / Shutterstock

このところ連日のように韓国アイドルグループ『防弾少年団』(BTS)の“原爆Tシャツ問題”がマスコミをにぎわせているが、一方で、そんな騒動どこ吹く風と、女子中高生を中心に“第3次韓流ブーム”が加熱している。

「日本における韓流ブームの始まりは2004年に放送されたドラマ『冬のソナタ』の“ヨン様ブーム”が始まりでした。けん引役となったのは中高年の女性でしたが、現在は女子中高生が中心となっています。彼女たちは韓国のアイドルに憧れて、現地で流行しているコスメやファッションにも夢中になっています。彼女たちの中でも一番人気のK-POPグループ、BTSが起こした今回の騒動について、ファンたちは世代的にピンとこないのか、『何がそんなに問題なの?』『別に嫌いにならないし』と無関心ですね」(芸能記者)

最近では韓国に旅行して、コンサートを見たり買い物をする女子高生も多く、明らかにネット上の“嫌韓流”とは一線を引いている。しかし、彼女たちをターゲットにした詐欺事件が多発しており、日本のみならず韓国でも大問題になっている。

「韓国の詐欺グループが日本の女子中高生らを相手に“K-POP詐欺”を働いています。詐欺グループはネットオークションやSNSなどを利用して、現地でしか購入できない写真付きカードなどのグッズを販売。ところが、購入者が代金を振り込んでも商品を発送しないのです。一度の被害額が数千円から1、2万円程度と比較的少額なことや、相手が海外にいることから多くの被害者が泣き寝入りしている状態。身元のしっかりしていない相手とは取引をしないよう注意が必要です」(全国紙社会部記者)

 

わざわざ嫌韓を増やす行為

被害額がいくら少額とはいえ、なけなしの小遣いでグッズを購入した未成年にとっては、大きな痛手だろう。

大のK-POP好きという、都内に住む大学生のTさん(19)は、詐欺以上に危ない目にあったことがあるという。

「ソウルコン(ソウルでのコンサート)の限定グッズを持っているという人とツイッターで仲良くなり、手渡しで購入する約束をしました。しかし、実際に会ってみると、『グッズはホテルで渡すよ』とホテルへ連れ込まれそうになりました」

何とかトラブルに巻き込まれずに済んだTさんだったが、中にはグッズ欲しさに同意してしまう子もいるのだという。

最近では“架空ライブ”をでっち上げ、コンサート代金を振り込ませる詐欺まで横行しており、韓国女子大生らが摘発される事件も起きている。

詐欺事件の多発が、日韓のいがみ合いの新たな火種にならなければいいのだが…。

 

【画像】

Piyato / Shutterstock

【あわせて読みたい】