浮気まみれの恋愛遍歴?山田孝之の“ゲス”エピソードが強烈…

山田孝之

(C)まいじつ

11月13日放送の『チマタの噺』(テレビ東京系)に、俳優の山田孝之が出演。過去の苦い恋愛経験について語った。

同番組は、司会の笑福亭鶴瓶が一般人の行動をもとにゲストとトークをするバラエティー。今回は「今引きずってることありますか?」という街頭インタビュー映像を流し、VTR中に「彼女に浮気されていた」という一般男性が現れた。

すると山田は、「僕も全く同じパターン過去に3回ありますよ」と自身の恋愛経験を告白。「彼氏だと思って付き合ってたら、浮気相手だった」と続け、「3回目とかは慣れちゃって、『またか』と思いましたもん」と驚きの過去を明かした。

 

“隠し子騒動”と“交際疑惑”の時期が一致

これを聞いた鶴瓶は、「ウソやん?」「何で(彼氏ではなく浮気と)分かんの?」と驚きながら質問。山田も「友達から聞いたりとか、鉢合わせたりとか…」「(鉢合わせは)修羅場でしたよ」とオープンに話していき、嫌な思い出を流すかのようにグラスの水を口にした。

この経験をしたのは20代前半だったとも明かし、どこか切なそうに過去を振り返った山田。

しかし山田には、自分がされたことを女性に対しても行っていた過去がウワサされている。

「2006年、山田はTBS系のドラマ『タイヨウのうた』で共演した沢尻エリカとの交際疑惑が浮上し、交際期間は約1年に及ぶと囁かれました。しかし06年2月、山田に当時生後4カ月の隠し子がいると発覚し、スポーツ新聞の一面も飾る騒ぎに。相手は2年前から交際していた女性で、当時は公式サイトで謝罪文も公表しています。騒動はすぐに収まりましたが、もし沢尻との交際が事実だとすると、山田は沢尻と付き合いながら別の女性をハラませたということになります」(芸能ライター)

もしこれが本当なら、山田は被害者なだけでなく、加害者でもある可能性がある。

 

【あわせて読みたい】