『サザエさん』堀川くんの「サイコパス」な発言にカツオも“ドン引き”

(C)Gansstock / Shutterstock

ワカメの同級生として、『サザエさん』(フジテレビ系)に度々登場するキャラクター・堀川くん。予測不能な言動から視聴者の間では「サイコパス」と常に注目の的だが、11月18日の放送回でも相変わらずのぶっ飛びっぷりを披露した。

問題のシーンが訪れたのは、この日1本目のエピソード『オテント様が見ている』内でのこと。同エピソードでは、タラオがお昼寝中にカツオとワカメがこっそりバナナを食べたが、なぜかタラオにバレてしまう。

カツオが「寝たふりをして見ていたのでは?」との疑いを抱くと、ワカメは「見ていたのはお天道様よ」「堀川くんのお婆ちゃんがよく言うんだって、『悪いことをするとお天道様が見てる』って」と推測。以後カツオは、父・波平に隠していた悪い行いを“お天道様”に見られていないか怯えて過ごすことになる。

 

サイコパスならの思い込みの強さ

後日、本当に波平に悪事がバレそうな機会が訪れ、道端でお天道様に祈りを捧げ始めたカツオ。すると通りかかった堀川くんが、「こんな遠くからじゃダメですよ」と指摘し、カツオとワカメを神社まで連れ出した。

賽銭箱の方へ向かう2人を「行き過ぎですよ」と注意した堀川くんは、何やら全く違う方を向いて二礼二拍手一礼。なんとそこは七五三の受付に張られた“テント”で、堀川くんが「お天道様」を「お“テント”様」だと勘違いしていたことが明らかになった。

カツオが「“おてんと”様って、このテントのこと…?」と恐る恐る質問しても、「何か問題でも?」と平然としている堀川くん。ということは、堀川くんはお婆ちゃんの「お天道様が見てる」=「おテント様が見ている」だと信じて疑わなかったのだ。この思い込みの強さは確かにサイコパス的だ。

ツイッターでも

《流石すぎて言葉が出ねえぜ堀川くん》
《本当に堀川くん頭おかしいな》
《今日も堀川くんは通常営業でした》
《テントを信仰する堀川くん、ほんまサイコ》
《やっぱりちょっと頭おかしい、、、》
《マジでやってんなら、かなり狂気》

といった声が続出している。

脇役ながら、出演の度に強烈なインパクトを残し続ける堀川くん。次はどんな伝説を打ち立ててくれるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】