不自然すぎる!『SMAP』を“歴史から抹殺”したTBS音楽番組の意図

SMAP 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

11月19日、TBSの音楽特番『歌のゴールデンヒット-年間売上げ1位の50年-』が放送された。

しかし視聴者からは、「不自然なまでにSMAPが扱われていない」との批判が相次いでいる。

同番組は不定期に放送されており、4回目となる今回は過去50年の「年間売り上げランキング」を紹介。貴重な当時の歌唱映像を織り交ぜながら、昭和歌謡を中心に各年代のヒット曲を放送していった。中でも、多くのミリオンヒットが生まれた1990年代は、イントロクイズという形で各年の1位を発表することに。

「最初に2位から5位までを表示し、出演者は最後に隠された1位をイントロで当てていったのです。ところが、尺の都合上か、中には省略された年も。そこには、SMAPの代表曲『夜空ノムコウ』が年間ランキング2位に輝いた1998年も含まれていました」(テレビ雑誌編集者)

 

不自然過ぎる編集に批判が続出したが……

続く2000年代では、年間1位の楽曲映像だけを流すダイジェストのようなVTRを放送。2000年から2009年まで各年の1位を振り返ったのだが、『世界に一つだけの花』が1位となった2003年だけ何の説明もなくスキップされてしまった。その結果、2002年の後はいきなり2004年の映像に。1年だけ不自然に抜け落ちる、違和感の強い構成となった。

ツイッターでは、この映像に対して、

《SMAPだけ流さないとかそんな悲しいこと…》
《TBSまでそういうことするのかとショックです》
《偉業も含めてSMAPを存在ごと消そうとしてるんですか》
《歴史ってこうやって捏造されていくんだなとよく分かりました》
《SMAPの存在を消したいんだろうけど、ここまで不自然だと逆効果だよ(笑)》

などといった感想が。しかし一体なぜ、すぐに勘づかれるほど“あからさま”な編集をしたのだろうか。

「この『SMAP』を抹消するような編集ですが、先月一部マスコミで報じられた“『元SMAP』禁止令”が影響したのでしょう。ジャニーズ事務所は『SMAP』を過去のものにしたいようですが、TBSは『うたばん』や『音楽の日』で司会を務めた中居正広への恩義がある。そこであえて不自然なまでの編集をし、逆に存在をアピールする狙いがあったのかもしれません」(同・編集者)

老若男女に愛された国民的グループ『SMAP』を巡って、いまも芸能界の裏側で暗闘が行われているのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】