川栄李奈『おバカキャラ』久々に炸裂もファンは「昔の方がいい」

川栄李奈 

(C)まいじつ

女優の川栄李奈が『AKB48』に所属していた過去を振り返り話題となっている。過去の「おバカキャラ」は封印したと明かした川栄だが、番組中にさっそく「おバカ」な一面が明らかに。視聴者からは「かわいい」とたたえる声があった一方で、「過去のおバカキャラの方がよかった」と残念がる声もあった。

11月20日、川栄はバラエティー番組『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に、俳優の坂口健太郎とともに出演。川崎・溝の口でアポなしロケに挑戦した。

店内で食事をしながら、同局の青木源太アナウンサーに「(ドラマや映画の)演技で監督に怒られたことはある?」と聞かれた川栄は「ない」と即答。「アイドルのときの方が怒られてました」とAKB48時代を振り返り、「ダンスとかができないから」と怒られた理由を語り始めた。

青木アナの質問に答えながら、川栄は「(AKB時代とは)キャラクターを変えた、とよく言われる」と吐露。「勉強ができないのがバレちゃって」「昔はおバカキャラでやってて…」などと口に。意図はしていないものの、過去の「おバカキャラ」から自身のイメージが変化したと思われている、と認めた。

 

川栄李奈、おみくじのアドバイスを読み違え…

しかし、ロケ中に立ち寄った神社で、川栄の「おバカキャラ」がさく裂。おみくじを引き、書かれた文字を目にした川栄は「信神(しんじん)しなさい」を「しんしん」と自信なさげに読み上げ、他の2人の失笑を買った。

視聴者からは

《AKB時代はバカ演じてたのかなってくらい別人》
《川栄李奈ちゃんて、ほんとはおバカじゃなかったんだな》

と、現在の川栄の姿をたたえる声があった一方で

《川栄はやっぱりバカだった》
《完全に名前と顔を売る為の『ビジネスおバカ』だったのだろうか。昔の方がよかった》
《すっかりおしとやかになっちゃって。テストで変な解答してバカにされてる時の方が好きだった》

と、過去と昔を比較して残念がる声も見られた。

元AKBとしては出世頭の川栄だが、たまには「おバカキャラ」も見せた方がいいのかもしれない。

【あわせて読みたい】