有村架純『真っ赤なルージュ』の表紙に「台無し」批判の裏事情

現在発売中の美容雑誌『美的(BITEKI)』1月号(小学館)の表紙に、女優の有村架純が起用され話題になっている。写真を見た人からは「素材を完全に殺しているのでは?」と、疑問の声が上がっているのだ。

View this post on Instagram

明日発売の『美的』1月号!  まずはこの季節必見、「温活」大特集! 血色感のあるようなじんわり赤みのある唇、ホワンと上気した頬、 ぽかぽかとして見える肌、冷え知らずで温もりのあるボディ…30代の男女に「冬にいいね! と思う女性とは?」をリサーチしたところ、 “あったかそうで近づきたくなる”“いつもイキイキとして明るくて”――そんな、どこかに温かさを感じられる人に、人気が集中!  どんなに寒い日でも、メイクで、スキンケアで、インナーケアで、 いつでもふわっと温かさを纏って、冬モテ美人目指しませんか? ★★★ \Pick Up!/ ●あったかさはここから!寒い日に映えるのは“微熱な唇”。 ●ピンク系ファンデで「あったか桃肌」 ●夕方の冷えた顔には「差し込みチーク」 ●朝炭酸+夜オイル=温感素肌 ●モテ美女100人のとっておき温活 ●むくみ&冷えに最適!風呂活 お風呂に貼れるエクササイズ表 さらに注目の年間ベストコスメも大発表!  美容賢者56人がこれぞ“神コスメ”と認定した  2018年のコスメ業界を盛り上げたアイテム達を一気にご紹介します。  大人気!プチプラだけのベスコスも発表!ぜひ年末のお買い物の参考にしてみて! <その他注目記事> ・小田切ヒロ監修 30日で幸せ小顔BOOK ・撮られる前提の「SNS映え」メイク ・冬の美悩み解消! ほったらかし煮込みレシピ ・NEWS 4人全員登場! で「なんでも測定」and more 表紙は有村架純さん。 『美的』1月号は明日発売!ぜひチェックしてみて!(付録なしのライト版も同時発売です!) #美的#biteki#美的1月号#温活#あったかコスメ#メイク#スキンケア#インナーケア#有村架純#メイクアップ#bitekicom#レシピ#ベストコスメ#ベスコス#雑誌#bitekicom

A post shared by 美的 (@bitekicom) on

有村といえば、薄めのメークで清潔感があり、ナチュラルなイメージが強い。しかし同誌の表紙では真っ赤なルージュに濃い目の眉毛でバッチリと決めており、さながらキャバ嬢のような雰囲気。

ネット上では、

《こ、これはもったいない》
《これなら有村架純じゃなくてよくね?》
《有村架純ちゃんのフェミニン感が台無し》
《かわいい人系の人にするメークじゃないよね。白石麻衣にまかせとけばいいのに》

など、批判的な意見が多数を占めている状態だ。

「いつもの有村を見ているファンからすれば『似合わない』と思うかもしれませんね。過去の『美的』の表紙は、どちらかというとモデルや美人系タレントの起用が多く、石原さとみや『乃木坂48』の白石麻衣のような目鼻立ちのハッキリしたタイプが好まれていました。過去には浅田真央も起用されたことがありますが、さすがにこのときはナチュラル系メークでしたね」(メークアップアーティスト)

 

セクシー路線に方向転換?

もっとも、今回の有村のメークは最近の昭和風メークの流行に沿ったもので、年末年始のパーティー時期に合わせ、派手目に演出しているとも考えられる。また、有村にとっても、今までとはちょっと違ったイメージをファンに強く印象付けることに成功したのではないだろうか。

「有村はどうしてもNHK朝ドラの『あまちゃん』や『ひよっこ』のイメージが強く、田舎の高校生感がいつまでも抜けきれませんでした。しかし、最近ではドラマ『中学聖日記』(TBS系)で、中学生の教え子との禁断の恋を演じるなど、大人っぽさを求められる年齢になっています。来年は26歳になりますから、今後は大人の色気を強調するようなファッションやメークが増えてくるかもしれませんね。今回の表紙を機に、セクシーな大人のラブシーンにも挑戦してもらいたいです」(エンタメ誌記者)

実際、有村は17年10月公開の映画『ナラタージュ』で過激なベッドシーンに挑んでいる。来年は地上波でもオトナの有村が拝めるかも!?

 

【あわせて読みたい】