『ボンビーガール』で「事故物件」紹介?怪し過ぎてツッコミ続出!

(C)よっし / PIXTA(ピクスタ)

11月20日放送の『幸せ!ボンビーガール』(日本テレビ系)で、不動産屋が「事故物件を紹介したのでは」と疑惑が向けられている。

同番組では、これから東京で1人暮らしを始めるという女性を募集しており、出演者に謝礼で10万円を払っている。今回は北海道からの上京を試みている19歳の女性が登場。彼女の物件探しに密着した。

彼女の出した条件は、

  • 池袋駅から乗り換えなしで30分圏内
  • 家賃5万5000円以下
  • 室内洗濯機置き場
  • フローリング
  • 浴槽があるお風呂

いくつかの物件を見た後、最後に不動産屋が紹介してきたのが、「練馬高野台駅」周辺、賃料5万2000円、敷金礼金ゼロ、ドアに鍵が3つも設置、7階建てマンションの最上階で夜景が見渡せる、というお得な物件であった。

女性は内見するとすぐに気に入り、契約することに。しかし視聴者からは、

《あまりにも安過ぎて不自然》
《相場と比べて明らかにおかしいだろ》
《鍵が3つもあるって、逆に怖ぇー!》
《家賃と鍵の多さを考えたらメッチャ怪しい》
《鍵が3つある部屋って何があったの…。事故物件なんじゃないか?》

といった疑問の声が続出した。

 

事故後に入居者が入れば、その後は告知しなくてもいい

「番組で紹介したマンションでは、過去に何らかの事件があったかもしれません。事故物件公示サイト『大島てる』には、該当の物件とよく似たマンションの4階で、何か事件が起こったと記されています。しかし相場よりもそれほど安いわけでもないし、最上階は事故が起こった部屋でもない。事故物件と決めつけるのは少々早いと思います」(都内・不動産業者)

だが過去には、番組で登場した不動産屋が事故物件に格安で住んでいたことを明かしている。

「事故物件は、『事故後に新たな入居者が入れば、その後は告知しない』というルールで動いている不動産屋があります。そのため、事故物件に一度不動産屋が住んで、事故物件を隠すという手法はよくあることですね」(同)

果たして上京女性が決めたのは…?

 

【あわせて読みたい】