元AKB48『高橋みなみ』がライブツアー「満員御礼」のカラクリ

11月18日、元『AKB48』高橋みなみがインスタグラムを更新。ライブツアー『高橋みなみ 東名阪ツアー~HEY SAY~』が無事終了したことを報告した。

View this post on Instagram

「高橋みなみ 東名阪ツアー~HEY SAY~」 大阪バナナホール🍌にてファイナルを迎えました✨ 来てくださった皆さんありがとうございました😊 3本て本当にあっという間。 自分の中で向き合うべき曲を選曲した今回のセトリ。 思いがデカくなりすぎて、中盤プルプルしてしまったけど やっと何か進めそうな気がしています☺️ そして改めてライブが好きだなと思いました その瞬間しか味わえない生の空気感 生きてるなって凄く思う 今年は後は カウントダウンライブ!! 駆け抜けるぞー✨ #東名阪ツアーファイナル #東名阪ツアー #大阪バナナホール #live #happy #thankyou #love バナナホールだったので バナナを曲中配りました 中々なカオスでした笑笑

A post shared by 高橋みなみ (@taka37_chan) on

高橋が開催したのは東京、名古屋、大阪の三都市。会場のキャパシティーは、名古屋と大阪が500人程度、東京が1500人程度だったようだ。

「公演前までは『チケットがかなり残っている』とウワサされていました。しかし、高橋が更新したSNSを見ると、それなりに人が入っていたことが分かります。他にもライブ公演の様子をSNSにアップしているのですが、東京も大阪もほぼ満員のように見えます。売れ残り疑惑とは一体なんだったのでしょうか…」(芸能記者)

 

ファンクラブ旅行二泊三日で10万超!!

この勢いに乗り、高橋は年末に『ヒューリックホール東京』でカウントダウンライブまで敢行するという。

「人気が復活しているように見えますが、集客力が落ちているのは確実です。実は昨年、高橋は全国ツアーを開催し、15会場15公演を行っていました。しかし今年は、主要3都市で3公演を行ったのみ。昨年の集客を考え、大幅に規模を縮小したことが分かります。その結果、1つ1つの公演にファンが集中し、表向きは“満員御礼”風なライブとなったわけです」(音楽誌記者)

今年の6月29日から7月1日にかけては、ファンクラブ旅行もした高橋。しかし値段は2泊3日で10万6380円。しかも一室3~5名となっており、1名一室で利用したい場合は2万円増しとなるオプションだった。

アイドル誌記者は「ファンの人数が減り過ぎているため、単価を上げる方針に進み出したようです」と語る。

ファンの高橋への“上納金”は、今後どこまで上がるのだろうか。

 

 

【あわせて読みたい】