今井美樹の再来!『大塚愛』に嫌がらせ「不倫女」がヤバ過ぎる

(C)Antonio Guillem / Shutterstock

歌手の大塚愛が11月21日、『RIP SLYME』のSUと離婚したことを発表した。

2人は2010年6月に結婚し、翌年3月には長女が誕生したが、昨年4月にSUの不倫が発覚。離婚は時間の問題とウワサされていた。

大塚は「幸せな毎日から、耐え難い毎日まで、とても一言では伝えられませんが、子どもとの生活を守るために決断したことです」と離婚に至った心境を告白。関係者によると、SUの不倫相手からかなりの嫌がらせを受けていたという。

「SUの不倫相手は22歳年下の人気モデル・江夏詩織です。以前は北山詩織の名前でモデル活動をしており、清楚系のルックスに股下85センチという抜群のスタイルで人気でした。また『lovefilm』というバンドで音楽活動もしていますが、不倫発覚後はアンチが急増し、目立った活動は見られませんね。今回、大塚が被害届を出すほどの“嫌がらせ”を江夏から受けていたことが発覚し、ネット上では『第2の今井美樹誕生』といわれています」(芸能記者)

今井といえば“不倫略奪愛”で世間をにぎわせた。現在の夫である布袋寅泰を山下久美子から奪ったのは有名な話だ。山下の家の郵便ポストに離婚届を投函したり、突然、「彼(布袋)いますか?」と電話をかけるなど、今井が数々の嫌がらせをしていたことを山下が明かしている。

 

なんという図太さ

ネット上では江夏の嫌がらせ疑惑について、

《かわいい顔してエグいな》
《不倫でほぼ終わっていたのに、嫌がらせって、完全終了だろ》
《大塚愛かわいそう。悪いのは江夏詩織なのに》
《透明感のある悪女だったな笑》

など、散々な言われようだ。

「山下から嫌がらせを暴露された今井は、今でも“略奪女”のレッテルを貼られたままです。それでも芸能活動を続けられるのは、歌手としてその地位を不動のものにしているから。江夏レベルのタレントで再起は不可能でしょう。また、SUも子どもの養育費を払っていなかったことが分かり、イメージは最悪。2人とも表舞台から消え失せるでしょうね」(同・記者)

江夏は大塚にSNSで「別れろ!」という嫌がらせメッセージを何度も送りつけていたという。また、騒動が発覚した後も、何事もなかったかのようにインスタグラムを更新しており、ネット上では「相当図太い」と評判だ。

そのメンタルを、他のことに生かしてほしかった。

 

【画像】

Antonio Guillem / Shutterstock

【あわせて読みたい】