芸能プロ社長の「虐待と暴力」!何故『実名報道』をしないのか?

(C)transylvania / Shutterstock

芸能プロ社長によるパワハラ疑惑問題で、同事務所の元社員・Aさんが会見を開いた。11月21日発売の『週刊新潮』でもAさんの告発内容が記されており、ネット上では怒りの声が続出している。

『デイリー新潮』がYouTubeで公開している動画には、パワハラの様子がしっかりと映し出されていた。Aさんは何者かに頭をつかまれ、ぐつぐつと煮えている鍋に顔を思いっきりツッコまれている。「“クライアントさんもいるんだから面白いことやれ。鍋に頭、突っ込めよ」と社長からAさんは脅されたそうだが、パワハラは日常的に繰り返されており、一種の洗脳状態にあったとか。

この事件は各メディアでも報道され、22日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、坂上忍や薬丸裕英が「ヘドがでる!」などこぞって社長を批判した。

 

実名報道しないマスコミに怒り!

しかしネット上ではメディアの報道姿勢について、

《反吐が出るなら、生放送で芸能プロダクションの会社名と社長の写真と名前を出すべきだよな》
《事務所名を明かさないのは、芸能界の闇だと思う》
《今後のためにも被害者の彼のためにも芸能事務所名を公表しましょう。報道規制は許しません》
《事務所名と社長の顔写真付きで名前を公表すべき》

などといった批判的な声が続出。

前北海道議会議員の小野寺まさる氏も、ツイッターで

《で、そのヘドが出る芸能プロ事務所は何処で社長の名前はなんと言うのですか? それを一切報道しないで良いのですか? 正義面しながら仲間を守るとは、笑止千万(笑)》

と怒りのコメントをつづっている。

タレントのフィフィもツイッターで、

《芸能プロの名前がずっと伏せられてるのも謎》

と苦言を呈した。

ネット上では既に社長が特定され、拡散されている状態。果たして、芸能界が実名報道にすぐに切り替えないのはなぜか。一部のテレビ関係者から「現場から『もうちょっと名前を伏せて引っ張りましょう!』なんて声もあるみたい」というオゾマシイ話も聞こえているが…。

 

【画像】

transylvania / Shutterstock

【あわせて読みたい】