フジテレビ・三田友梨佳アナが“堂々”の『大谷翔平』狙いで騒然

三田友梨佳 

(C)まいじつ 

フジテレビの“ミタパン”こと三田友梨佳アナが、MLBア・リーグ新人王に輝いたロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平を狙っていることが確実となった。

去る11月22日、大谷の帰国会見の様子を、同局の情報番組『直撃LIVEグッディ!』が放送。キャスターを務める三田アナの発言が物議を醸している。

「番組では、大谷の高校生時代からの映像も放送。その中でミタパンが、高校生の大谷に英語を教えている場面が流れたのです。するとミタパンは、当時のことを振り返り謝罪。テレビを使い、いかにも大谷に向けて謝ったのには驚きました」(女子アナライター)

三田アナは番組内で「(当時)まだ高校生ですので“大谷君”と呼んで英語を教えさせていただいたのですが、今やメジャーリーガーとなった大谷選手。何てことをしてしまったんだ。大変失礼致しました」と反省の弁。この謝罪行為が問題視された。

「プロ入り前だし、年長のお姉さんアナの取材です。誰も“君呼び”がおかしいとは思いませんよ。それにミタパンは英語が堪能。番組のお遊びで英語を教えたからといって気にしないでしょう。そんな古い映像をあえて流して謝る。それこそ“意図的な演出”としか思えません」(同・ライター)

 

得意の野球知識で大谷に接近?

三田アナの大谷に対するコメントは、以前からアヤシイことは知られていた。例えば4月放送の同番組で大谷を紹介した際、唐突に「今度、私、大谷選手を取材します」と宣言。MCの安藤優子が「エッ、本当?」と驚くと、三田アナは「私、取材します」と力強く繰り返し。スタジオ内が一瞬静まり返ったほどだ。

「三田アナは、なぜ取材できるか明かしませんでしたが、その後、彼女は野球の勉強のためにアメリカに留学したことも語っています。元青山学院大の公式野球部のマネジャーで、野球のことは本格的に勉強したようです。今、野球記者として会社に大谷への単独取材を願い出ているそうです」(フジテレビ関係者)

大谷は、同じフジテレビの“クジパン”こと久慈暁子アナとは同郷であり、知人の間柄。大谷の取材は久慈アナが“適任者”といわれていた。

「ところがクジパンは、フィギュアの羽生結弦やサッカー長谷部誠の会見でバカな質問を連発して、スポーツ担当クビ寸前なのです。当然、三田アナは久慈アナを蹴落としたい。だから『――グッディ!』で、あえて大谷に向けて謝罪。求愛を含めた謝罪だといわれています。本物のお嬢様のミタパンですから、大谷も会えば陥落するかもしれません」(同・関係者)

大谷争奪戦に三田アナが一気に浮上だ。

 

【あわせて読みたい】