“パクリ”ユーチューバー『キングコング』梶原雄太を「テレビ」が激しく追及

 今年の10月にユーチューバーに転身をしたお笑いコンビ『キングコング』の梶原雄太が、11月17日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に登場。ユーチューバーとして活躍し始めている梶原だが、周囲の芸人からは厳しく批判された。

YouTubeに動画を投稿、再生数に応じた収益を得るユーチューバーは、これまでに多くの芸能人が参戦。その中で梶原は「2019年末までに登録者数100万人を達成しなければ芸人引退」を掲げ、ユーチューバーデビューを果たした。

2018年11月現在、チャンネル登録者数は約48万人と順調に増加。しかし番組では、後輩の『コロコロチキチキペッパーズ』ナダルから「周囲の芸人が困惑している」「目を覚ましてください」と苦言を呈される。

続けて明石家さんまが、「テレビからすればYouTubeは敵」と梶原を責め立てる。梶原は「だからYouTubeで活躍してスターになってテレビに戻って、小中高生をテレビに戻したい」と返すも、「ならテレビで頑張れ」と総ツッコミを受けることに。

そして『FUJIWARA』藤本敏史は、梶原が『DA PUMP』のヒット曲『U.S.A』をモチーフに、後輩コンビの『チョコレートプラネット』が考案した「U.S.Aゲーム」をやっていると指摘。

「チョコプラがはやらしたんを、カジがあたかも自分で考えたようにやってるよね」とツッコまれると、梶原は「僕が考えたと言うよりリスペクトですよね。YouTubeってそういうのアリなんですよ」と苦しい反論。その後も弁解を続ける梶原を、藤本は「カッコつけんなよ、金欲しいからやろ? それ言うたらええやん。『金稼ぎたいです』って言うた方が気持ちいい」と一刀両断した。

 

芸人から総ツッコミ、フルボッコ

終始ボコボコに論破され続けた梶原に対し、ネット上では、

《梶原見てるとYouTube やネットでどれだけ騒がれようと、テレビで活躍してる芸人の中に入ると実力ないのが丸分かりになるな》
《久しぶりにテレビでキングコングの梶原見たけど、何か怖くてテレビ消したわ。もう芸人のレベルじゃないだろあれ》
《今度は芸パクリですか。芸人としても人間としても最低やな》

などと辛辣だ

しかし、梶原のチャンネル登録者数は芸能人ユーチューバーの中では上位に位置する人気チャンネル。開設して1カ月で40万人超えは、元『SMAP』草彅剛に迫る勢いとなっており、確実に成功していると言えるだろう。

 

【画像】

Graphs / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】