「レシート読み取り」「カードポイント管理」知らなきゃ損の『LINE』新機能がスゴい!

(C)しげぱぱ / PIXTA(ピクスタ)

今やスマホを所有している人のほとんどがインストールしている『LINE』アプリ。11月12日には、家計簿・資産管理サービス『LINE家計簿』の提供が開始され、ますます便利になっている。

利用方法は『LINE家計簿』アプリ版と、LINEの『ウォレット』タブから起動する方法の2通りある。アプリ版の方が機能が豊富なので、フル活用したいならアプリ版をダウンロードした方がいいだろう。

アプリ版はクレジットカードやキャッシュカード、電子マネーなどと連携し、家計簿を自動作成してくれる。入力された収支をもとに、今日使える金額の上限を自動計算してくれるので、面倒くさがり屋でも簡単にお金の管理ができる。

また、収支は手入力の他、レシートを撮影することで品目や金額を自動で読み取ることも可能。財布の中に溜まっているレシートをいちいち手入力するのは面倒だが、広げて撮影するだけで金額を読み取ってくれるのはかなりありがたい。

 

ポイントカードの管理が超ラクに

さらに注目の新機能が『マイカード』だ。

「財布の中に各種ポイントカードが何枚も入っている人は多いのではないでしょうか。会計の際に、いちいち探し出して提示するのは本当に面倒ですよね。マイカードは、それらのポイントサービスを一括して管理できる機能です。現在は、ポンタ、無印良品、T-CARD、サカゼンなどが登録できますが、今後、順次に追加される予定になっています。この機能により、LINEがあれば、ポイントカードを持ち歩く必要がなくなるので、財布の中もすっきりするでしょう」(IT系ジャーナリスト)

『クーポン』機能も要チェックだ。全国で店舗展開するガスト、ジョナサン、バーミヤン、マクドナルドなどの飲食ブランドのクーポンを集約して提供してくれるので、手元でお得情報を見比べてから店選びをするなんて使い方も。

LINEといえば、チャットや通話機能しか使っていないという人も多いが、2011年にサービスが開始されたころから比べれば、かなり便利な機能が追加されている。

お金やカード管理に困っている人は、一度試してみるといいだろう。

 

【画像】

しげぱぱ / PIXTA(ピクスタ)

【あわせて読みたい】