これは酷い!『SUITS/スーツ』の「予告サプライズ」に批判が続出したワケ

織田裕二 鈴木保奈美

(C)まいじつ

ドラマ『SUITS/スーツ』(フジテレビ系)が視聴者から批判を浴びている。11月26日に放送された第8話では、放送前に制作サイドがツイッターで「サプライズ」を予告。視聴者は「サプライズゲストが登場するのでは」と色めきたったが、明かされたサプライズに落胆するどころか、気付かない視聴者が続出。同ドラマの公式ツイッターアカウントには批判が寄せられた。

同ドラマは、敏腕弁護士の甲斐(織田裕二)が元フリーターの大貴(中島裕翔)を勧誘し、同じ弁護士事務所内でタッグを組むストーリー。第8話では弁護士事務所の顧問会計事務所の代表・百合(石田ひかり)からの依頼で、会計事務所に務める大河原(西村まさ彦)を解雇しようとしたが、逆に訴えられる展開を描いた。

 

ツイッターでたびたび予告、視聴者は騒然

公式ツイッターでは放送2日前の24日に

《サプライズがあるそうです 小耳に挟んだスタッフ、今から楽しみでソワソワしております》

と予告。翌25日にはドラマ映像を編集している光景を写真付きで紹介し、

《昨日仕入れた耳寄り情報の続報ですが、「マジでサプライズだ!!」と編集室がざわついてますよ〜》

と、「サプライズ」に期待するよう視聴者に呼びかけた。そのため放送前には、視聴者から「視聴者驚かすサプライズ楽しみです」「お茶の間の最前列で見ますね」と期待の声が飛び交っていたが、肝心の「サプライズ」はなんとも肩透かしのものだった。

番組が用意していた「サプライズ」は番組中盤、甲斐がビリヤードに興じるシーンで飛び出した。このシーンで、番組主題歌の『WOLF』(B’z)のバラードバージョンが流れたのだ。

放送終了後、公式ツイッターは『B’z』の新バージョンの曲が「サプライズ」だったと明かし「いかがでしたでしょうか?」と視聴者に感想を聞いたが、

《あまりにも自然に溶け込んでいて、判断できませんでした》
《ドラマに集中していて気付かなかった》
《これをサプライズと言えるのかはちょっと疑問》
《B’zファンには大変申し訳ないけれど、ガッカリしました》

と、視聴者からは批判のリプライが相次ぐことに。

注目を集めようとしたドラマ側の仕掛けは失敗に終わったようだ。

 

【あわせて読みたい】