黒木華の『私服』に衝撃…「イケイケやないか!」と戸惑いの声

黒木華

(C)まいじつ

『日日是好日』、『ビブリア古書堂の事件手帖』と、立て続けに主演映画が2本公開された女優の黒木華。控えめで和風なルックスが人気の彼女だが、実際は“イケイケ女子”な一面を持っているようだ。

去る11月22日発売の写真週刊誌『FRIDAY』が、深夜の中目黒を歩く黒木をキャッチ。女優の吉田羊と2人、すでにホロ酔いの様子で顔を赤らめながら駅近くの商店街を歩く姿が収められた。

同誌によると、2人は2012年のNHK朝ドラ『純と愛』で共演して以来、とても仲がいいとのこと。2人とも酒好きであることから頻繁に飲みに行き、演技論やガールズトークに花を咲かせているのだという。

 

ルックスとは正反対のド派手ファッション

一見、何の変哲もないプライベート写真だが、注目を浴びたのは黒木のファッション。茶色いロングコートに黒縁メガネで大人の雰囲気を醸す吉田に対し、黒木は蛍光イエローのTシャツをヘソまで上げた色落ちジーンズと合わせている。

また、黒木は小物使いも独特なセンス。ベレー帽に銀フレームの丸メガネはサブカル風のいでたちで、自分に自信がなければとても着こなせない大胆コーディネートを決めている。

素朴なルックスと裏腹なファッションに、ネット上では、

《黒木華イケイケやないかwww》
《性格は派手そうだね》
《関西人だし見た目と違って気は強いだろうな》
《地味顔だからこそ派手な格好してるんだよきっと》
《黒木さんめっちゃ自分のこと好きそう…》

などといった書き込みが続出。注目女優の素顔は、多くの人にとってイメージと違っていたようだ。

「黒木は“軟骨ピアス”も入れています。同ピアスは、土屋アンナ、木村カエラ、藤田ニコル、最上もが、みちょぱなどがしており、派手な女性がつけるイメージ。ルックスに寄らず、黒木はかなりイケイケな女性かもしれません」(芸能記者)

地味な役だけでなく、チャラくて毒々しい役をすれば世間のイメージもガラッと変わりそうだ。

 

【あわせて読みたい】