木村拓哉と工藤静香の娘Kōki,“映画未出演”で映画賞受賞の怪

Kōki,

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

木村拓哉と工藤静香の次女で、今年5月にモデルデビューを果たしたKōki,(コウキ)が、11月26日、都内で行われた『ELLE CINEMA AWARDS 2018』の授賞式に出席し、「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞したことが話題になっている。

取材陣から受賞の感想を聞かれたKōki,は「とても光栄に思います。5月のELLEからスタートさせていただいて、いろんな経験をさせていただきました。もっともっと経験を重ねて、いろいろなキャラクターを演じられるモデルになりたいと思います」と満面の笑みで宣言した。

しかし、ネット上ではそもそも映画出演の経験のないKōki,が映画賞を受賞したことに、疑問の声が上がっている。

「映画に出ていないのに映画賞とはこれいかに」「権威が全く感じられない賞ですね」「次は日本アカデミー賞間違いなしだな」「こういう売り方ってかわいそうだよね」「年末ジャンボも当選しそうだな笑」など、どの意見をとっても散々な言われようだ。

「この賞は、昨年は女優に贈る『エル・ガール ライジングアクトレス賞』という名で、受賞者は中条あやみでした。今年はわざわざ“アクトレス”の名を消して『これからの活躍を応援したい女性に贈られる賞』と内容を変えています。最初からKōki,を受賞させるためだけの賞と言えるでしょうね。ELLEはもともと、Kōki,を表紙デビューさせている媒体ですから、完全にただの出来レースです。宣伝効果のあるうちはとことん使い倒すつもりでしょうが、正直、ここまで露骨なやり方には、業界内でも疑問の声が上がり始めていますね。Kōki,が今後、どのような活動をしていくのか分かりませんが、決して本人のためにはならないでしょう」(エンタメ誌記者)

 

ミエミエの出来レースにアンチ急増

実際、二世タレントは最初から注目度が高いのがメリットともいえるが、周囲からの期待値も同じように高くなる。モデルとしての実績もなく、雑誌のグラビアやテレビCMを力ずくでブッキングしているKōki,が、今後も活躍する可能性は未知数だ。今のうちにどんな賞でも受賞させて“箔付け”したいのがミエミエとも言えるだろう。

「Kōki,を支持しているのは一部の女性ファンだけで、男性や多くの女性がもはや“アンチ化”している状態です。特にネット上では批判的な声が渦巻いており、早くも『来年のベストジーニスト賞も確実だな』などと揶揄されています。本人も過度なプレッシャーを感じなければいいのですが…」(同・記者)

二世タレントとして話題性のあるKōki,は、広告業界としてもかなりおいしい存在といえるが、“ご祝儀相場”が終了すれば、あっけなく話題から消え去るのは間違いない。出来レースに浮かれていては、その先行きも怪しいだろう。

 

【あわせて読みたい】