“おかみさん失格”の河野景子さんに期待される「花田家のナゾ」暴露

貴乃花光司 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

大相撲の元横綱で元貴乃花親方の花田光司氏が、元フジテレビアナウンサーの河野景子さんと離婚していたことが分かった。

花田氏は11月27日、『スッキリ』(日本テレビ系)に突然、生出演すると「これまでおかみとして、奥さんとして肩身の狭い思いをしてきたでしょうから。これからは自分の道を伸び伸びと行ってほしいという気持ちが強かった」と語り、景子さんの今後については「聞いていない。連絡は取り合っている」と触れるにとどめた。

「2人の離婚はすでに今年の春先からウワサされていましたから、予想通りでしたね。花田氏が部屋を畳み、相撲協会を辞めたことで、景子さんもいいきっかけになったのでしょう。もともと弟子たちと衣食住を共にせず、自身の講演活動に積極的でしたから、今後は思う存分自由に活動の幅を広げていくんじゃないでしょうか」(スポーツ紙記者)

 

花田家の暴露で講演会も盛況になる?

河野さんは現在、『株式会社ル・クール』というイベント会社の代表取締役を務めていて『ことばのアカデミー』という、主にコミュニケーション術を中心とした講演活動を続けている。しかし、実生活では夫や弟子たちとすれ違いの生活を続けていたことが明らかになっており、講演の内容にも説得力が欠けるような気もするが…。

「河野さんは現在、週1回ペースで講演活動をしていて、かなりの人気となっています。しかし、過去の講演テーマが『人を育てる、支える』『心をつかむコミュニケーション』など、イメージ的に実生活と乖離した内容もあり、参加者からは『いまいちリアリティーが感じられない』という声もありました。今後は離婚したことにより、堂々と花田家批判ができるんじゃないでしょうか。花田光司氏には、今でも弟・花田虎上氏との“異父兄弟説”が消えませんから、河野さんから暴露話でも飛び出たら講演も大人気になるでしょうね」(同・記者)

もともと河野さんと花田家の関係はあまり良好だったとはいえず、また、花田氏が自分に相談もせずに、勝手に相撲協会を辞めてしまったことなど、河野さんにもかなり不満が溜まっているのは間違いない。

事がプライバシーに関わるだけに、爆弾発言とはいかないだろうが、今まで明かされなかった“花田家の謎”が河野さんの講演を通して露呈する可能性もある。

離婚してしまえばただの他人。今後の河野さんの言動に注目したい。

【あわせて読みたい】