橋本マナミ『初デートの条件』がいかにも「愛人キャラ」だと大不評

橋本マナミ 

(C)まいじつ

11月27日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に橋本マナミが出演。交際する男性の条件を明かしたが、共演した近藤春菜から猛批判を浴びた。視聴者からも「愛人キャラの卒業は無理」「結婚はしばらくなさそう」と呆れる声が続出している。

問題となったトークテーマは「私は男をここで判断する」。34歳の橋本は「結婚願望はある」と語り出し、男性の食事のマナーなどを気にしていることを明かしながら、デートに関しては「相手から送られてきたグルメサイトの平均予算で男を見ます」と明かした。

 

初デートの条件は「7000〜8000円の店」

明石家さんまは「それ、やめとけよ。やらしすぎるわ」、西山茉希からは「それがもう愛人っぽい」などと橋本に忠告したが、橋本は「金額が7000~8000円だとクリア。OKなんです」とキッパリ。「記念すべき初デートだから」「男性のプライドとしても、ちょっといいところに連れて行きたいと思わせる女性でいたい」と、料金にはこだわる姿勢を示していた。

逆に橋本は、2~3万円の高級店に連れて行かれると「体目当てだと思っちゃう」という。これには若槻千夏も「狙われてると怖くなる」と同調。すると近藤が「(2人とも)話がおごってもらう前提。自分で出す気、さらさらないでしょ? 働いてるんだから、(飲食代を)出せよ!」と一喝した。

近藤の指摘に視聴者は

《スッキリした》
《春菜やっぱ好き。橋本マナミに言ったひと言、全くその通り!》

と同調しつつ、橋本には多数の批判の声が上がった。

《グルメサイトの平均予算7000~8000円のお店でご飯食べてお酒飲んだら2人分で数万円いくでしょ。高すぎる》
《「初デートでおごってくれる金額で男を見極める」という態度で男に見限られた女を何人も知ってる》
《この人男の人をお金しか見てなくて結婚できるのかね?》
《橋本マナミって、すんごいダサくて古い考え方する人なんだな》
《結局男は金なんだね。だからそれなりな男しか寄ってこない。もっと気品をもった方がいい》

「愛人キャラ」として名を馳せてきた橋本だけに、デートの感覚も庶民とはかけ離れていたようだ。

 

【あわせて読みたい】