離婚!『王子様』及川光博と『お姫様』檀れいの「譲れない」事情とは

及川光博  檀れい 

(C)まいじつ

歌手の及川光博と女優の檀れいが11月28日、離婚したことを発表した。

所属事務所から報道各社に送られてきたFAXには連名で「このたび、及川光博と檀れいは11月28日、円満に離婚したことをここに報告させていただきます。それぞれの未来のために2人でよく話し合った結果、本日離婚届を提出しました」とコメント。

ネット上では「えっ、ミッチー離婚なんだ。お似合いだったのに」「王子様と王女様。何が合わなかったのかな」「子どももいないし、スレ違いだったのかなぁ」「ドラマ『相棒』のカップルが結婚してうれしかったのに残念」など、驚きの声が広がっている。

「発泡酒のテレビCMでは、かわいらしい奥さんの雰囲気を醸し出している檀ですが、実際はかなりのお姫様気質で、現場ではマネジャーが飲み物から食事まで全部世話をし、スタッフが用意したものは一切手を付けません。宝塚のトップ娘役時代は、ライバルから相当イジメやバッシングを受けていたといい、その分、プライドも高くなってしまったんでしょうね。及川もファンの間では“王子様”として親しまれていて、コンサート活動は順調ですが、俳優業は最近パッとしません。そんな夫を妻として支える側に回るのは、檀のプライド的にも無理だったんじゃないでしょうか」(芸能記者)

 

及川の不倫疑惑に“相棒”水谷が激怒

もっとも、2人の不仲説は今に始まったことではない。及川と檀が結婚したのは2011年7月27日だが、そのわずか2カ月後には、及川が30代女性と相合い傘デートしていたことが発覚。この不倫疑惑報道に2人の結婚を取り持った水谷豊が激怒し、及川のドラマ『相棒』降板が決定的になったといわれている。

これにより及川は、当時1本200~300万円とウワサされていたドラマのギャラを失い、同時に夫婦間も急速に冷え切っていったという。

また、離婚に関しては檀の家族事情も大きく影響しているという。

「檀は継父が亡くなった後、宝塚を退団し母親と同居していたのですが、一家を支えるために相当苦労してきたようです。及川との結婚後も、母親の面倒を含め老後の計画をいろいろ考えていたようですが、どれも及川が納得することはなかったみたいですね。そんなこともあってか、2人はしばらく前から別居を続けていました。檀のCM契約の関係から簡単に離婚とはいかず、実際は“仮面夫婦”期間が相当長かったんじゃないでしょうか」(同・記者)

この年末にかけては、他にも花田光司氏の離婚報道もあり、芸能界では“平成最後の駆け込み離婚”などといわれているが、図らずも及川、檀もその流れに乗ってしまった形だ。

何はともあれ、今後の2人の活躍を祈りたい。

 

【あわせて読みたい】