『Kōki,』崖っぷち!? あの「エレナ・アレジ・後藤」と同じ運命が見えてきた?

Kōki, 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

去る11月26日、木村拓哉、工藤静香の次女であるKōki,(コウキ)が『エル シネマアワード2018』に登場。今後の活躍が期待される「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞し、またもブーイングの嵐が吹き荒れた。

「『エル シネマ――』は2015年に創設された新しい賞。映画で活躍した人間に贈る賞です。でもKōki,は映画に出ていません。彼女が受賞した賞は、急きょ作られたのです」(芸能ライター)

Kōki,は賞の主催でもあるファッション誌『ELLE』の表紙を飾り、今年の5月にデビュー。要するに“身内”にあげる賞みたいなものだ。

「話題の2世が初めて世に出たメディアということで、雑誌そのものの宣伝効果も上がった。だから『ありがとう』という意味もあるのでしょう」(同・ライター)

この日のKōki,は超高級ブランドのドレスを着用。「とても光栄に思います」と述べ、『ELLE』の表紙になったことをありがたがった。

「Kōki,のデビューの経緯をみると、昨年9月に同じく女性ファッション誌の表紙でデビューした後藤久美子の長女、エレナ・アレジ・後藤を思い出します。突如デビューし『ゴクミ譲りの美人』などと大手芸能マスコミは絶賛。でも、アッという間に消えた。Koki,だって、そうならないとも限りません」(芸能プロ関係者)

 

モデルと呼ぶには低身長

エレナとKōki,には、残念な共通項があるという。

「2人とも、モデルと呼ぶには身長が低過ぎます。だから顔が大きく見える。『モデルです』なんて言わなければフツーなのですが…。さらにエレナは6カ国語ができるというフレコミで、一方のKōki,も英、仏語に加えてスペイン語も勉強中だとか。“ポリリンガル(多言語話者)のモデル”でアピールしようという点も同じですね。それに、エレナはハーフですからまだしも、“Kōki,”って表記は何なんでしょう」(前出・芸能プロ関係者)

しかも今回の受賞で、Kōki,に致命的なウソがバレてしまったという。

「授賞のプロフィル欄に身長170センチと明記。女優の寺島しのぶも賞をもらったのですが、偶然、寺島と並ぶシーンがあった。寺島の身長は163センチ。ほとんど身長は同じでした。どう見ても170センチには見えず、もう身長の修正ができなくなったのでしょう。黒のロングドレスで足元を隠していたのが印象的でした」(映画ライター)

デビューしてわずか半年のKōki,。このままでは母・工藤静香が“V1”を達成した『週刊文春』の“女が嫌いな女ランキング”にそろい踏みとなってしまいそうだ。

 

【あわせて読みたい】