山本美月『初写真集』まさか「セクシー」なし!?で落胆の声が続出

山本美月 

(C)まいじつ

女優の山本美月が来る12月15日、初めての写真集『Mizuki』を発売する。これに先立ち、写真集の本体には掲載されない“アザーカット”を複数枚公開したのだが、この内容を巡ってファンの間で疑問の声が続出してしまったという。

「肩と太ももを見せただけ。ただの着衣写真集じゃないか、という期待外れの声が出ているのです。本当にそれだけでは、いくらなんでも厳しい。写真集は、やはりある程度の露出が重要です」(写真集編集者)

初写真集発売にあたっては、去る10月、山本は自身のインスタグラムでも告知していた。

「インスタ写真は上半身だけですが、ランジャリー風の衣装を着て胸の谷間を強調。彼女は女性誌の専属モデル時代に水着もやっていませんから『いよいよセクシー路線にかじを切ったか!』と、ファンの期待が一気に高まったのです」(同・編集者)

山本は芸能界でも屈指の“美人女優”として評判だ。反面、毎年のように「ブレークしない女優」として一部芸能サイトに酷評されてきた。

「きれいなのですが、“男顔”ということで、非常に好みが別れる。だから人気のバロメーターである男性週刊誌でも、取り上げるところ、取り上げないところが両極端。完全に編集長の好みです」(グラビア雑誌記者)

 

ブレーク目前なのに…

しかし、今年はドラマ『モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』や映画『去年の冬、きみと別れ』にヒロインとして出演。来年は、NHKの大河ドラマに出演予定など、女優として開花。

「山本としては、あとひと押し男性人気が欲しい。そのため写真集出版に踏み切ったといいます。やはり男性人気を得るには写真集の発売が手っ取り早い」(同・記者)

写真集はトルコのイスタンブールを中心に撮影。1万4000枚の写真からセレクトされ、“すっぴん”も初公開するという前宣伝も出ている。

「とはいえ、正直“すっぴん”では大きな売り物になりません。さらに“ヘソ出し”もあるというのです。今時、中高校生アイドルでも際どい水着をやる時代。“すっぴん”“ヘソ出し”では、思うような男性ファン獲得につながらないでしょう。せめて下着でギリギリセクシーでもやらないと。“男前”とも形容されるほど男顔の彼女に、高い金を払って着衣写真なんかを見せられた日には、逆にファン離れを起こす危険性もありますよ」(同)

有り余るほどの“女”山本美月を見たいものだ。

 

【あわせて読みたい】