放送事故!?『今日から俺は!!』主題歌を生歌披露も「下手すぎ」と騒然

嶋大輔

(C)まいじつ

11月28日に放送された『ベストアーティスト2018』(日本テレビ系)に、俳優でタレントの嶋大輔が登場。自身の代表曲『男の勲章』を久しぶりに披露したが、ネット上では残念がる声ばかりが上がっている。

嶋が『男の勲章』をリリースしたのは、さかのぼること36年前の1982年のこと。同曲が不良マンガを原作とした10月スタートの新ドラマ『今日から俺は!!』(同系)の主題歌に起用されていることから、久々の本人歌唱で盛り上げようとしたようだ。

島は往年の不良スタイルを連想させる白の長ランで登場。ところが、悲しいことに歌唱力はかなり劣化。キーが原曲より低く設定されているにもかかわらず、全く張りのない素人のカラオケレベルの歌声が会場に響き渡ってしまった。

 

下手な歌と謎コラボに会場ドン引き…

さらに視聴者を失望させたのが、スケバン風の衣装に身を包んだ『AKB48』の面々をバックダンサーに配する謎の演出。披露前にはドラマのメインキャストである賀来賢人と太賀が応援に駆け付けたが、2人はMC側で見物する役割に。ドラマには橋本環奈や『乃木坂46』の若月佑美も出演しているため、「環奈や乃木坂で良かっただろ…」「なんでAKBなの?」など疑問の声も上がった。

下手な歌と陳腐な演出が影響し、それまで豪華アーティストたちのパフォーマンスで盛り上がっていた会場は一気に“シラケムード”に…。お茶の間もこれを感じ取ったようで、ネット上には、

《嶋大輔の久しぶりの生歌でうれしかったけどキーは落としてるわ、歌い出し間違えるわ、とにかくヘタ過ぎるわ、なんか悲しいな…》
《嶋大輔の歌、これ放送事故だろ、どこの忘年会ですか? ってレベル》
《えっ……嶋大輔ってこんなに歌ヘタだったの……? えっ…》
《嶋大輔シンプルに歌ヘタやな》
《普通にドラマのメンバーが歌えばいいのに》
《一気に変な空気になってて草www》

などといった感想が続出してしまった。

ドラマはヒットしているが、どうやら嶋が再ブレークすることはなさそうだ。

 

【あわせて読みたい】