不公平!?『M-1』上沼恵美子の露骨な“贔屓”採点に疑問が続出

上沼恵美子 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

『霜降り明星』の優勝で幕を閉じた今年の『M-1グランプリ』(テレビ朝日系)。今年も松本人志、オール巨人らが審査員を務め、番組を盛り上げた。しかし、昨年に引き続き今年も審査員のひとり・上沼恵美子の審査について「好き嫌いで点数を決めている」などと批判する声が上がっている。

12月2日の決勝では、『霜降り明星』、『和牛』、『ジャルジャル』の3組が最終決戦に進出。最終決戦の投票では上沼、松本、富澤たけしが『和牛』に、オール巨人、中川家礼二、塙宣之、立川志らくが『霜降り明星』に投票した。

視聴者の間で話題となったのは、ネタ順5番目の『ギャロップ』がネタを披露した後だった。ボケの林健の「ハゲネタ」を盛り込んだ2人のネタに対し、上沼は「自虐ネタはあかん」と酷評しながら89点をつけ、ギャロップは8位に沈んだ。

 

上沼恵美子「自虐ネタ」の2組に「えこひいき?」

一方で7番目の『ミキ』は自虐ネタを展開したにもかかわらず、上沼は98点をつけて「自虐なんだけど突き抜けてる」などと絶賛。『ミキ』は最終決戦への進出こそならなかったものの、全体4位の点数をマークした。

上沼は2017年の『M-1』でも『マヂカルラブリー』に「これでよく決勝に残れたな」などと批判を浴びせ、視聴者から猛批判を浴びた経緯がある。

視聴者は今年も上沼にブーイングを浴びせた。

《ギャロップの自虐はダメだけど、ミキの自虐は許すんだ》
《演者が変われば自虐もGOODに変わるんだなあ》
《ただの好き嫌いを無理やりコメントに言語化しただけ》

上沼の「えこひいき」に振り回された『ギャロップ』は、立川志らくにも「面白くないハゲかた」と毒舌を浴びせられることに。視聴者からは『ギャロップ』の心境を案じる声もあった。

《ギャロップ叩かれすぎでかわいそうになったよ》
《人生の大舞台で、全国に放送されてこれからの仕事に影響する数分に、そんなコメントするのひどすぎる》
《ちゃんと面白いネタだったのにめっちゃ怒られて、その割にあんまり記憶にも残ってない…》

しかし、好みで決めるからこそ、審査員が7人もいる。いちいち審査員に批判をして、番組を楽しめない人が、一番かわいそうだ。

 

【あわせて読みたい】