久慈暁子アナついに『スポーツ担当失格』で先輩2人が狙うのは…

久慈暁子 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

大リーガーの大谷翔平に“最も近い”アナウンサーといわれているのが、フジテレビの“クジパン”こと久慈暁子アナだ。

大谷とは同郷で誕生日も1週間違いの同い年。局のスポーツ担当ということもあり“職場”での接点もある。

「ところが、ここに来て久慈アナがスポ担を下ろされるという話が出てきました。最近ではスポーツ選手の共同会見で姿を見ることはありません。別に来なくてもカメラさえあれば番組はどうとでも作れます。だから意識的に来ないのかもしれません。でも、スポ担は人気選手に直に質問ができる特権職みたいなもの。それを放棄するのは、非常にもったいない話です」(スポーツライター)

現在、久慈アナは朝の情報番組『めざましテレビ』に出演。これまでスポーツ情報の紹介を行ってきたが、心なしか減っているようにも見える。

「最近ではMCである永島優美アナ、それほど人気のパッとしない堤礼実アナが紹介することが目立つ。もちろん2人は現場に来ませんし、あくまで番組内の情報紹介です」(同・ライター)

会見で見掛けないし、番組内でのスポーツ紹介も減っている。久慈アナは一体どうしたのか。

「理由は以前からいわれている通り、会見でのトンチンカンな質問の連発が原因。金メダル凱旋帰国の羽生結弦に『おいしかった料理は?』、W杯で健闘した長谷部誠に『インスタで何を配信したいですか?』――。一緒にいた記者たちは全員ズッコケましたからね」(フジテレビ関係者)

久慈アナには、こうした“前科”があり、「スポ担外れ」が囁かれているわけだ。

 

実力的にやはりあのアナか

「彼女の失態に、再びスポ担返り咲きを狙っているのが宮澤智アナです。とはいえ、彼女もなかなかのもの。五輪2大会で金メダルを4つ取った水泳の北島康介氏の引退会見で『自分のどこをホメたいですか?』と聞き、北島は『どこって……』と言葉に困った。マラソンの福士加代子に五輪選考がかかったレースで『自分のどんな走りを見てほしいですか?』と質問し、福士は怒り気味に『どんな走りって、勝つだけでしょ』と吐き捨てました。どっちもどっちです」(同・関係者)

そんな中、“後釜”で急浮上しているのが“ミタパン”こと三田友梨佳アナだ。お嬢様アナとして知られ、その品のいい司会は評判だ。

「今オフの目玉、大谷の単独取材は、昔から知人である久慈アナと思われていた。でも局の恥になるからやめようというムードになっている。そこいくとミタパンは局の顔。出身の青山学院大学硬式野球部マネジャーとしての野球知識もハンパありません。ミタパンに軍配が上がるのは確実でしょう」(同)

クジパン、崖っぷちだ。

 

【あわせて読みたい】