河北麻友子『セクシーな放送事故』を起こしたが「何も見えない」?

河北麻友子 

(C)まいじつ

タレントの河北麻友子が、11月30日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にVTR出演。専門学校の取材で心臓マッサージを実演し、“セクシーな事故”を起こして話題になっている。

河北が登場したのは、さまざまな分野の専門学校で原石たちを発掘する『ここ掘れ!原石スチューデント!』というコーナー。この日は卒業生の就職率100%を誇る医療の専門学校『首都医校』を訪れ、お笑いコンビ『メイプル超合金』とともに看護や救急救命などの授業に密着していった。

まず一同は看護学科で、ベッドに横たわった特殊なマネキンに聴診器を当てる授業を体験。するとTシャツの襟元に付けられたピンマイクが重みとなり、河北がマネキンに身体を向けると襟も大きく開いていく。

 

『全く見えないから目が離せない』

続く救急救命では、心臓マッサージとも呼ばれる胸骨圧迫を体験した一同。当然、胸部を押す動作では前屈みの体勢となるため、河北の“胸チラ”はさらに激しさを増していく。しかし、Aカップと公表している“貧乳タレント”の河北は、チラリと見えてもかなり浅い谷間…。

ネット上には、

《貧乳過ぎて見えねぇwww》
《見えそうで見えないから逆に興奮する》
《小さくてもしっかり見えるもんだな(笑)》
《あの体勢で膨らみ始めも見えないとかwww》
《谷間ってより隙間》
《全く見えないけど逆に目が離せなくなる》

などといった声があふれるなど、視聴者が一喜一憂する様子がにじみ出ていた。

「河北は同番組でたびたび“胸チラ”を披露しており、今年7月の放送ではパットらしきものが見えたこともありました。しかし、自他ともに認めるほどの貧乳であることから谷間“らしきもの”しか確認できず、視聴者の反応は賛否が分かれていましたね」(テレビ誌ライター)

どうせなら、とことん“真っ平ら”を強調した衣装でガンバってみてはどうか。

 

【あわせて読みたい】