浜崎あゆみ『パンチラ写真』投稿に「なぜ見せる?」とドン引きの声

12月3日、歌手の浜崎あゆみがインスタグラムを更新。セクシー過ぎる写真を掲載し、物議を醸している。

現在ライブツアー『TROUBLEツアー20182019』を開催中の浜崎は、「天使が笑った。#胸を張れない #後ろめたい #そんな恋もあった」などとポエミーな文とともにライブ写真を掲載。ダンサーと超至近距離で顔を見つめ合わせている浜崎の姿が写っている。

この写真で注目されているのが、浜崎の下半身だ。超ミニスカートをはいた浜崎をローアングルから撮っているため、股間を見ると白いパンツのようなインナーがハッキリ写っている。

 

あゆ(40)のパンチラはどこに需要があるのか

“見せパン”であることには間違いなさそうだが、それでもこの写真に対してネット上では、

《なんで、股間パンツ見せてんの? 汚い》
《パンチラしてるみたいだし変な衣装w》
《きもちわりい!! ファンはマジでこんなの見せられて満足なの? 理解できないわ》
《シンプルに気持ち悪いです》

などといったドン引きの声が続出している。

「今年7月25日放送の『2018 FNSうたの夏まつり』(フジテレビ系)に出演した際も、浜崎はパンチラをしていました。この日の浜崎はデニム生地のミニスカートをはいており、少しかがむとスカートの中があらわに。アラフォー女性のセクシーハプニングに悲鳴が上がっていましたよ」(芸能記者)

最近、浜崎はインスタで胸の谷間を全開にした写真を多数投稿するなど、露出が激しい。しかしそのたびに引き気味の声が上がり、男性が食いついている様子も特にみられない。

どこに需要があるのか不明のセクシー路線を、浜崎はいつまで続けるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】