花田優一「その話はしたくない」父・貴乃花の話を拒否して批判が続出

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

12月4日に『今夜はナゾトレ』(フジテレビ系)が放送され、元貴乃花親方の長男・花田優一氏が出演した。MCの上田晋也から元親方との親子関係について聞かれた優一氏は、父について言及するのをやんわり拒否。視聴者からは「親の七光りがなければ何が残るのか」と、テレビ出演を続ける優一氏に対して辛辣な声が上がった。

視聴者の間で話題となったのは番組冒頭のシーンだった。上田は「頑張ってもらわないと」と声を掛け、「こないだ、お父さんと一緒に仕事をさせていただいた」と優一氏に『しゃべくり007』(日本テレビ系)での「共演」を報告した。

すると、優一氏は上田の話をさえぎるように「その話、したくないです!」とピシャリ。上田から理由を問われた優一氏は「僕がテレビに出るのが(元親方は)許せないみたい」と漏らした。元親方は『しゃべくりー』でも同様の指摘をしていた。

上田は「(元親方は)『テレビに出ている場合じゃない。靴作りに集中しろ』って思ってるみたい」と元親方の気持ちを代弁。「テレビでも頑張っているところを見せないと」と激励したが、優一氏は「今日はなるべく陰が薄く終わりたい…」と漏らしていた。

 

花田優一氏、父に「メッセージ」を送るシーンも

ただ、優一氏が親方に「メッセージ」を送る一幕もあった。この日、優一氏は『タカアンドトシ』トシとともにチームを結成。計6チームでクイズに挑んだ。途中、優一氏が答えを決めて選んだ回答が全チームで唯一の正解を記録すると、トシは「ドヤ顔」を決めてカメラに向かってアピール。トシが「お父さん、見てますか? すごいですよ息子さんは!」と叫ぶと、優一氏も軽くうなずきながらカメラに目線を向けた。

優一氏は一応「二世アピール」をした形だが、視聴者からは

《見ていて感じたが貴乃花の言う通り靴職人を極めた方がいい》
《芸のない自称靴職人をTVで使うのはやめよう》
《こいつほど勘違いな奴はいない。靴職人に集中しろという父の気持ちは分かる》
《この(父の)七光りから親父の話題を取ったら何が残るんだよ》

と、優一氏を批判する声が相次いだ。

靴職人と芸能活動の「掛け持ち」は厳しそうだ。

 

【あわせて読みたい】