小学1年生が『24億円』!子どもユーチューバーの大盛況に潜む危険

(C)Olesia Bilkei / Shutterstock

米経済誌Forbesが『2018年に最も稼いだYouTuberランキング(2017年6月~2018年6月)』を発表した。

昨年の5位から一気に首位にジャンプアップし栄光に輝いたのは、小学1年生のライアン君が新作のおもちゃをレビューする『ライアン・トイズ・レビュー』。1年間に稼いだ金額は、何と22万ドル(約24億円)にも上るというから驚きだ。

「ライアン君のチャンネルは開設からまだ4年弱ですが、12月現在で1734万人の登録者を獲得しています。ライアン君がレビューしたおもちゃは飛ぶように売れることから、今では玩具業界や大手企業とスポンサー契約を結んでおり、YouTube以外からも莫大な収入を得ています。玩具販売ではトップシェアを誇る50兆円企業のウォルマートとも独占契約を結んでいますね。実は父親は日本人、母親がベトナム人というアジア系アメリカ人で、日本を旅行した動画なども投稿していますよ」(IT系ジャーナリスト)

日本に旅行した際には、ピコ太郎とのPPAP対決を撮影、披露しており、この動画も500万回以上の再生回数を記録している。

 

子供YouTuberの未来は果たして…

小学1年生が24億円も稼ぐとはすごい時代になったものだが、実は日本でも同じようにおもちゃレビューなどで高額収入を得ている子どもが存在する。

「有名なのは『キッズライン』です。12歳のねみちゃんと8歳のこうくんの姉弟がおもちゃで遊ぶ様子が成長記録としてYouTubeに投稿されていますが、現在までの総再生回数は60億回を超えています。毎月2000万円以上の収入をコンスタントに稼いでいて、2018年度の推定年収は3億円ともいわれています。これにおもちゃやお菓子メーカーからの企業案件の依頼が加われば、さらに金額も跳ね上がるでしょうね」(同・ジャーナリスト)

何とも親孝行な子どもと言えるが、一方で、幼い子どもを利用して大金を稼ぐ手法に否定的な意見があるのも事実だ。ネット上からは《無邪気な子どもを使ってえげつない》《子どもが大きくなったら、間違った道に進みそう》など、批判の声はやむことなく聞こえてくる。

「YouTuber動画の中には、女児の下着が見えている動画が投稿されていることもあります。お金稼ぎのために親が意図的に仕掛けている可能性もあり、問題視されていますね」(同)

子どもYouTuberの未来がどうなるかを推し量るのも、大人たちに課せられた大きな役目と言えるだろう。

 

【あわせて読みたい】