大逆転!? 有村架純『中学聖日記』が新垣結衣『けもなれ』超えで女優界に激震!

有村架純 

(C)まいじつ

放送前から多くの物議を醸してきたドラマ『中学聖日記』(TBS系)が、クライマックスへ向けて徐々に盛り上がってきている。

有村架純主演の同ドラマは、漫画雑誌『FEEL YOUNG』に掲載されている同名漫画の実写版。中学生と教師の禁断の愛を描いた作風は良くも悪くも話題となり、放送前から「淫行作品」「気持ち悪い」などと評されていた。

その前評判通り、初回の視聴率は6.0%と“消費税以下”の大爆死。物語が中盤に差し掛かる第4話にも5.4%をたたき出し、打ち切りさえ時間の問題とみられるようになっていた。

 

終盤で一気に“ごぼう抜き”!?

しかし、翌第5話で6.5%の過去最高タイを記録すると、6話では最高を更新する7.0%を獲得。その後、7話でいったん下降した後、第8話7.5%、第9話7.8%と、ここへきて視聴率が最高を更新し続けている。

また、この視聴率上昇により、これまで後塵を拝していた高橋一生主演『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)や、佐々木蔵之介主演『黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~』(同系)に平均視聴率で同水準にまで肉薄。最新話の視聴率に限っては、新垣結衣主演『獣になれない私たち』(日本テレビ系)、中島健人主演『ドロ刑-警視庁捜査三課-』(同系)をも超え、他のドラマを一気に“ごぼう抜き”する状態となった。

「高橋一生や新垣のような、ホットな人物を主演にしたドラマにまで迫るのは意外でしたね。放送前の賛否からすれば、もはやこれだけで大健闘と言えますよ。残りの話数で2ケタを獲得すれば、平均で『けもなれ』超えも視野に入ってきます。もし実現すれば、有村は“新垣結衣を打ち負かした女優”ということになり、女優界の勢力図がガラッと変わる可能性も出てきますね」(テレビ誌ライター)

有村の“黒歴史”になると揶揄された『中学聖日記』が、もしかしたら代表作の1つになるかもしれない。

 

【あわせて読みたい】