志村けん「ろれつ」が回らず番組で『泥酔』は老いか病気か?

志村けん 

(C)まいじつ

12月11日に『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)が放送され、志村けんがゲスト出演した。普段の放送と同様、出演者は酒を飲み交わしながらトークを展開したが、志村の酔いっぷりを見て「酔いすぎでは」と心配する声が上がった。

志村はスナックを模したスタジオに登場。中山秀征、山崎弘也、橋本マナミと一緒に並び、鹿児島県産の芋焼酎「伊七郎」を炭酸で割って飲み始めた。

番組では、志村にとって「思い出の町」という麻生十番の飲食店から取り寄せた「焼きとん」を用意。すっかり上機嫌になったのか、志村は『8時だョ! 全員集合』の後に麻布十番でしきりに飲んでいた、などと思い出話を口にした。

志村は、じゃんけんの「最初はグー」の考案者が自身であることも告白。居酒屋で支払う人を決めるときのじゃんけんでタイミングが合わず、「最初はグー」でタイミングを合わせてじゃんけんしていたという。

 

志村けんを心配する声が続出

エピソードトークを長々と展開する志村の酒は止まらない。番組途中からは公私ともに仲が良い『千鳥』の大悟や、『ダチョウ倶楽部』の上島竜兵も現れ、プライベートトークを展開。大悟は「飲み方が豪快」と志村の酒豪ぶりを明かしつつも、翌朝になると「酔ってる感じがまるでない」「(仕事の)15分前にはスタジオに入っている」と志村の「酒の強さ」について言及していた。

しかし、番組が進むにつれ志村の口が回らなくなり、ネット上では

《酔っ払ってるんじゃなければ、ろれつが単純に心配。脳梗塞の前兆とかじゃなければ良いのだけれど》
《前よりろれつが回らなくなってる。大丈夫?》
《志村けんもたけしも年を取ると口が回らなくなるんだなあ》

との声が上がった。

志村ももう68歳。飲みすぎには気をつけてもらいたいものだ。

 

【あわせて読みたい】