上沼恵美子『M‐1』決勝の前に『霜降り明星』せいやにダメだし

上沼恵美子 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

『M-1グランプリ2018』で最年少優勝した『霜降り明星』のせいやが、12月9日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、東京に女医の恋人がいることを告白した。

しかし、実はこれに先立ち11月30日放送の『快傑えみちゃんねる』(カンテレ)で、せいやは恋人の存在を明かし、MCの上沼恵美子に“ダメ出し”されていていたのだ。

上沼に「独身?」と聞かれたせいやは、「まだ26(歳)とかなんで……。でも僕、彼女が最近できたんですよ」といきなり告白。

せいやによると、彼女の仕事は外科医。どこで知り合ったかとの質問には「ファンの方やないですけど、お手紙をいただいて……」と答え、相方の粗品が「それをファンと言うんや」とツッコむと、「ファンに手を出してるみたいなの嫌なんで」と弁解した。

 

晴れた東京進出、恋の行方は?

まだ付き合ってから3週間ぐらいということで、「向こうもお試し期間やな」と上沼は推測。すると、単刀直入に「結ばれたん?」と質問。せいやは「それは結ばれましたよ」とあせりながら返答し、「何回目のデートで?」という問いに対しては、せいやがラジオ終わりで、彼女がオペ終わりで肉を食べに行った後、彼女の自宅マンションで結ばれたそうだ。

何でも彼女は、オペ終わりは絶対に肉を食べると決めているらしい。

せいやは東京にいる彼女のもとへ新幹線で通う遠距離恋愛だが、上沼は「幸せいっぱいのときに水差すようで申し訳ないんですが、遊ばれてます」と断言。「珍しいんです。関西の芸人さんというのは。関西のアクセントで癒やされるんだと思う」「彼女が大阪へ来ないということは本気で恋していないから」と理由を説明した。

しかし、この番組が収録されたのは『M-1』の決勝前。今、優勝者となったせいやは、東京での仕事が立て続けに舞い込んでいるはず。

上沼の指摘をヨソに、せいやは無事に愛を育んていそうだが…。

 

【あわせて読みたい】