工藤静香の「稼ぎ」がスゴ過ぎでアンチも『無言』になっちゃう?

工藤静香 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

歌手の工藤静香が12月11日、インスタグラムのストーリー機能で、飛行機内での迷惑行為を断罪した投稿をして反響を呼んでいる。

それは、鹿児島から帰京する際に乗り合わせた乗客についてつづった文章。

《鹿児島からの飛行機機器トラブルでなかなか飛ばず、他の便で何とか帰ったのはいいけど、咳をガンガンしてマスクなし。これ良くないと思います。おじさんしっかりマスクして下さい》

と批判した。さらに「と言っても私より年下かな?」と乗客の年齢にも言及。「咳しながら身体浮いてたし。1時間以上同じ並びで本当につらかったです。私はマスクをしていましたが、あまりにも酷いジャンピング咳だったから、守れた気がしない」と怒りを見せ、「咳して口抑える代わりに、鼻ほじってましたから。。。おじさーん涙」と苦言を呈していた。

この工藤の投稿は匿名掲示板でも話題になり、

《有名人はあんまり人の非難とかしない方が無難なんだけどね》
《気持ちは分かるけど、有名人がSNSで発言しちゃいけないよね》
《工藤静香は嫌いだけど、この言い分は正しくない?》
《ムカつく気持ちも分かるよ》
《これは同意してしまうけどなぁ。何でもかんでもたたきゃいいってもんじゃないよ》

と賛否両論を呼んだ。

 

そういえば本業は歌手だった

有名人として「ファンから反感を買う毒舌」とまで言われた工藤ではあるが、ファンは変わらずに応援しているようだ。

12月5日に『WEB女性自身』が、工藤の好調なディナーショーを報道。11月25日、愛媛・今治国際ホテルで行われた今年初のディナーショーでは、計約1千人が来場し、一夜で約3千万円を稼いだという。ディナーショーは鹿児島・新潟・愛知・東京でも開催され、1億円以上稼ぐ見込みだそうだ。

一線を退き、娘たちに英才教育をしながら、自身も莫大に稼ぐ工藤。アンチが何と言おうと、スーパーウーマンであることは間違いない。

 

【あわせて読みたい】