『8.6秒バズーカー』久々テレビ出演で「干され」の真相は?

(C)Dean Drobot / Shutterstock

12月17日に放送された『深イイ×しゃべくり』(日本テレビ系)にお笑い芸人コンビ『8.6秒バズーカー』が出演。「干された」とも噂される2人は久々の番組出演でなかなか仕事が増えない現状を嘆いたが、2人の出演にクレームをつける視聴者が続出した。

『深イイ話』と『しゃべくり007』を合体させた同特番の『しゃべくり』パートで出演。同番組がきっかけでブレークしたものの、今は活躍が見られない芸能人として8.6秒バズーカーや水沢アリー、『あやまんJAPAN』のメンバーらが登場した。

 

仕事が激減「不安で夜も眠れない」

2015年にデビューからわずか10カ月で『しゃべくり』出演を果たし、その後も仕事が絶えなかった2人だが、現在は仕事が少ないよう。「休みも多くなった」と嘆く田中シングルは、番組出演当時は多忙で寝られなかったというが「今は仕事が少なく、不安で夜も眠れない」と自虐。現在は営業で全国各地を回っているが、特に関東では「見慣れている感があってやりにくい」と、ネタがファンに飽きられていると示唆した。

ボケのはまやねんは離婚したことも明かし、「焼き鳥屋さんをやろうとしている。副業みたいな感じでできたら」と明かすなど、仕事が順調にいかないことをうかがわせた。

視聴者は2人の出演に驚きの声を上げた。

《8.6秒バズーカ久しぶりに見たわ》
《まだ、生きとったんだ》
《しゃべくりに出てるんだけど、あの人たちは干されたんじゃないの》

一方、2人の出演に嫌悪感を示す声も。この日、ネタを披露することはなかったが

《8.6秒バズーカは何が面白くてブレイクしたのだ? 干されるのも分かる気がする》
《ネタもつまらなければ話しもないなんて一般人以下じゃないか》
《しゃべくりになんで8.6秒バズーカ出れるのか謎すぎる》
《もともと苦手というか、ネタが微妙すぎて見ていられない》

との声も聞かれた。

2人をめぐっては、「ネタや芸名が過去の日本の歴史を引き合いに出したもの」と猛批判を浴びたこともあり、メディア露出が激減した過去がある。この日もネットユーザーから同様の論調で批判を浴びることとなった。

8.6秒バズーカーは干されたわけではなかったが、ネタなど質の問題で単に飽きられてしまったようだ。再ブレークする日は来るのだろうか。

 

【あわせて読みたい】