『ゆず』の“重要なお知らせ”に「恥ずかしい」「イジワル」と批判の理由

ゆず

人気フォークデュオ『ゆず』が、11月17日に公式サイトで「今後の活動について重要なお知らせ」の予告をした。19日の21時に発表されるらしいが、この手法に批判が飛び交っている。

サイトには、

《ファンの皆さんへ
いつもゆずを応援してくれてありがとうございます。
今年も残りわずか。12月19日(水)には、ゆず2018年を締めくくる映像作品「LIVE FILMS BIG YELL」が発売になります。
そんな中、ゆずから今後の活動について重要なお知らせがあります。
発表日時は12月19日(水)21:00。
同日、ゆずのオフィシャルSNSをチェックしていてください。
よろしくお願いします。

ゆず 北川悠仁  岩沢厚治》

と意味深につづられている。

ネット上ではこの発表に対して、「解散するの!?」「解散か活動休止のどっちかだろうね」「解散はイヤ。せめて活動休止にして!」などと、ファンから悲痛な声が飛び交うことに。しかし、現状では何も発表されておらず、ネガティブな発表ではない可能性もある。

 

そもそも告知が恥ずかしい?

「こんなに思わせぶりな告知をしておいて、ただのライブツアーなどだったらズッコケもの。“かまってちゃん”にもほどがあり、相当なバッシングを食らうでしょうね。かといって、本当に『活動休止』『解散』ならば、それはそれでファンに大ダメージ。今回の告知は悪手でしかありませんよ」(芸能記者)

いずれにせよ、いちいちファンを不安にさせるこのやり方に対し、「イジワルでしかないよね」「そういうの恥ずかしいからやめた方がいい」「一回で済ませてあげればいいのに」と批判的な声が飛んでいる。

『活動休止』『解散』『ライブツアー』のどれでもない、斜め上の発表になることを期待したい。

 

【あわせて読みたい】