田中みな実『NEWS23』起用!?ライバルは加藤綾子からウドーへ

 

田中みな実

(C)まいじつ

かつて「ライバルはカトパン(加藤綾子)」と言い放ったことを週刊誌に書かれたフリーアナの田中みな実。最近は「目標はカトパン」と大幅にトーンダウンしているようだが、彼女にとって、来年2019年は大きな飛躍の年になるかもしれない。

「『ライバルはカトパン』発言は、みな実がTBSの局アナとして全盛を誇った時代の話。それを週刊誌が書いたところ、みな実は怒るどころか大喜びしたといいます。“これでカトパンは同格”と、いいように捉えたようですね」(女子アナライター)

人気面で同格だったかはさて置き、田中は局アナ時代、話題性という点では加藤並みにコト欠かなかったことは事実だ。

「『みな実は、みんなのみな実』に始まり『青山学院時代、1年、2年の2年間で20人にコクられた』『カトパンはエッチだから』など言いたい放題。お笑いの藤森慎吾との交際もあったし、とにかくウソかマコトか分からない話ばかりで、ネタとして抜群でしたね」(同・ライター)

2014年、人気をバックにフリーに転身。その際、TBS出身の大物OBアナ、吉川美代子をして「才能がある。大変惜しい人材」と言わしめた。

「でも、みな実のフリー転身は、今の評価ではイマイチです。TOKYO MXの昼の情報番組『ひるキュン!』のMCとして連日出ているとはいえ、全然物足りない。MXは東京ローカルですから、東京の隣接県でやっと見られるくらい。仮にカトパンがライバルだったら、差がつき過ぎです」(テレビ雑誌編集者)

 

やっと田中も日の目を見るか?

しかし、今はくすぶっていても、田中の評価はやはり高いようで、来年、大型番組のMCに就く可能性が出てきているという。

「古巣TBSの『NEWS23』から誘いがあるんです。同番組の真裏は、有働由美子の『NEWS ZERO』。どちらも視聴率3~5%前後の争いでドングリ状態。鳴り物入りの有働が思わぬ苦戦を強いられているので、みな実でインパクトを、と考えているわけです。現MCの雨宮塔子は元TBSですが、オモシロミが全然ない。16年7月からキャスターに就任していますが、もう完全に飽きられている。視聴率も取れないし、すでにみな実と交渉中です。早ければ来年4月に交代でしょう」(同・編集者)

有働と田中の対決が実現し「ライバルはカトパン」から「ライバルはウドー」になったら、それこそ田中にとっては面目躍如だろう。

 

【あわせて読みたい】