卓球・伊藤美誠「垢抜けすぎ」 前髪アリのイメチェンに「かわいい」続出

(C)Konstantin Shadrin / Shutterstock

卓球女子日本代表の伊藤美誠が、イメージチェンジをして「かわいくなった」と話題になっている。

伊藤は静岡県出身の現役女子高生選手。2014年には史上最年少でワールドツアー優勝を果たしたエリートで、2020年東京五輪の期待の星だ。

去る11月28日、この日放送された音楽特番『ベストアーティスト2018』(日本テレビ系)にゲスト出演。アーティストが歌う合間にオリンピックへ向けた抱負を語り、競技時の“デコ出し”と違って前髪を下ろした姿は、

《垢抜けた》
《誰か分からなかった》
《アスリート感なくなるね!》
《いつものデコチンが大人っぽい! ステキ!!》

などと好評を博していた。

 

やっと人気が実力に追いついた感

12月12日には、今年最も活躍した選手に贈られる『スターアワード』の表彰式に出席。古着として2000円で買ったというドレスに身を包み、シックながらも若々しさが出た格好で登壇した。

アワードでの伊藤は前髪を分け、「ベストアーティスト」出演時よりもさらに大人びた印象に。この模様が各局のニュースで流れると、ネット上には、

《髪おろすとかわいいな》
《いつものデコッパチより全然盛れてる》
《この子は髪下ろしてる方がかわいいな》
《まともなメークするとこんなにかわいかったのか…》
《もうすぐJKじゃなくなるし、大人びてきたな》
《こんなに色気が出てきたなんて…》

などといった称賛の声が続出した。

「アイドル並みのルックスを持った“アスリート美女”はもはや珍しくなく、写真集を出版するケースも定番となっています。卓球界では、福原愛、石川佳純、平野美宇などかわいらしい女性が多く、伊藤は圧倒的な実力がありながらも人気はイマイチでした。しかし伊藤も来春には高校を卒業。もっと大人になった色気を披露してもいいかもしれませんね」(スポーツ誌記者)

実力も美貌も兼ね備え、日本卓球史上“最強の女”になる日は近い?

 

【画像】

Konstantin Shadrin / Shutterstock

【あわせて読みたい】