『欅坂46』人気メンバーの“卒業理由”に「クソワロタ」「オタクが泣く」

欅坂46 

(C)まいじつ

メンバーの離脱が止まらない『欅坂46』に、またも“不協和音”が吹き荒れている。

12月16日深夜、この日放送されたグループの冠番組『欅って、書けない?』(テレビ東京系)のエンディングに、ちょうど1カ月前の11月16日に卒業を発表した志田愛佳が登場。活動休止中だった志田にとっては久々のテレビ出演となった他、番組を見ているファンへ向けての「最後のあいさつ」も行われた。

志田は卒業の理由について、「(ほかに卒業を発表している)米谷や今泉ほど理由があるわけではないんですけど…」「『戻ってきて』って休業中に何回か言葉をいただいたんですけど、返事をしなくて。それがずっと続いて…」とコメント。続けて「あぁもう、自分の中ではそういうこと(卒業)なのかなと…」と語り、グループから自然と心が離れていたことを明らかにした。

 

歯切れの悪い回答に闇を感じるファン

これを聞いたファンからは、

《もっと明確な卒業理由言ってくれ…》
《まとめると「なんとなく」って理由でクソワロタ》
《さしたる理由がないとか、今まで貢いできたオタクが泣いてるぞ》
《なんだこの理由。ファンはどんな気持ちなの?》

などといった厳しい声が。一方で、

《何か言えないような理由があるのかな…?》
《離脱者続出してるのに体質を改めない運営もおかしいよ》
《気持ちが切れた感が伝わってきた。メンバーを失望させた運営が悪い》
《秋元康が本気で売ろうとしてないんだろ》

などと、運営の責任を追及する書き込みも上がっている。

「志田は熱愛スキャンダルによって活動を休止していたのですが、卒業発表の際は公式サイトに3行の短い文章が掲示されただけで、明らかに『運営と一悶着あった』ことをニオわせていました。8月には初期メンバーだった今泉佑唯が“平手友梨奈の一強体制”を暗に否定するような形で卒業していますし、グループは内部分裂や空中分解の一歩手前まで来ていますよ」(アイドルライター)

来年でデビューから4年を迎える欅坂だが、グループは早くも曲がり角に差し掛かっている。

 

【あわせて読みたい】