ついに映った「テレポーテーションの瞬間」英国の生放送ニュースで騒然!

イギリスの公共放送『BBC』の生放送ニュース番組で、道路に突然、子供が出現するという怪奇現象が起きた。テレポーテーションなのだろうか?

先ごろ、ニュース番組内でメイ首相のリーダーシップについての街頭インタビューを放送した。中年女性がインタビューを受けているときのことだ。画面の左の方を男性が歩き去った後、誰もいない空間に緑のコートを着た男の子が瞬間移動してきたかのように出現したのだ。

画面の左端のため見切れているが、男の子は親と思われる人と手をつないでいるようだ。そのテレポーテーションで現れた親子に、女性は全く気付いていない。

 

現実を受け入れろ・・・これはモーフカットだ

realTewkesburyBC氏なる人物が12月12日、ツイッターにニュースの画面撮りをアップすると、すでに170万回以上の視聴がカウントされるほど話題になっている。

オカルトファンたちは「テレポーテーションだ!」「魔法使いがいた!」「次元超越時空移動装置があるのか?」「この世はマトリックスの世界で、バグが起こったのか?」など、驚きのコメントを出している。

しかし、ビデオプロデューサーのポール・ハードキャッスル氏は次のように指摘する。

「モーフカットですね。ニュース番組で放送した街頭インタビューは事前に撮って、編集したものです。中年女性のインタビュー以外にも複数の人にインタビューして、編集ではソフトウェアを使い、つなげます。その際、別々のカットがなめらかにつながるようにするのがモーフカットというわけですが、時にこのように別々のカットが不自然に混ざってしまうこともあるんです。子供が突然、出現する以外に、インタビューを受けている女性のメガネも一瞬、右に移動してしまっています」

よ~く見ると、確かにその通りかもしれない。現実はハリーポッターのようにはいかないのか…。