狩野英孝が贖罪の『滝行』挑戦する姿に「本当に滝行すべきは…」

狩野英孝 

(C)まいじつ

12月19日に放送された『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)に狩野英孝が出演。滝行に挑戦して邪気を払ったが、過去の不倫や未成年への淫行報道を引き合いに狩野を批判する声が再び噴出した。

最初に訪れたのは栃木県塩谷町の「大滝」。滝の前に現れた狩野は「やばいって!」と怖がったが、同行した住職から「ふざけたことはしないで、真剣にやって頂きたい」「静かに、真剣に!」とたしなめられて滝に入っていった。

住職の肩を借りて滝に近づいたが、狩野はあまりの滝の流れの強さにひるみ、逃げだそうとし続ける。その後、「もっと大きい声で!」と住職から指示を受け、2分間お経を唱え続けた。

狩野は結局、関東地方の3つの滝を訪れて1日3回の滝行に挑んだ。「矢が降ってきてるみたいで全身が痛い」などと独特の表現で滝行のつらさを表現し、VTRを見ていた有吉弘行も「大変だな」と漏らした。

 

滝行しても「浮気癖は直らない」と辛らつなコメント

過酷なロケに挑戦した狩野は放送前に「マジで見てください」とツイート。これを受け番組を見た視聴者からは「よくやった!」との声が上がった。

しかし、中には辛らつなコメントを寄せる視聴者もいた。狩野は過去、不倫や未成年淫行疑惑が持ち上がり、芸能活動を自粛して復帰したばかりの身だ。

《狩野英孝が過酷な連続滝行してても浮気の前科のせいか気の毒に感じない》
《煩悩だらけだから、滝行で落とすのも大変だろう》
《狩野英孝はまた汚れる。何度も何度でも滝行に行った方がいい》

ツイッターには狩野を批判する声があふれた。

また、2018年は不倫や未成年女性との飲酒疑惑が複数の芸能人に持ち上がったため、一部視聴者は

《狩野英孝がずっと滝に打たれてたけど、手越とか小山とかも滝に打たれればいいのに》

などと、今年スキャンダルに見舞われたジャニーズタレントに猛省を促していた。

来年はさらに改心し、成長した狩野の姿を見たいものだが…。

 

【あわせて読みたい】