日テレ放送事故!?『年末』特番なのに、なぜか『正月』感が満載!

指原莉乃 

(C)まいじつ

12月19日、日本テレビ系のトークバラエティー『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』2時間SPが放送された。タイトル通り“拡大版”だったのだが、視聴者からは「正月特番用の映像を使っているのでは?」との指摘が相次いでいる。

この日の番組は3本立てとなっており、まず初めに日本テレビの女子アナ3人が登場。その後も同局や同局系列のアナウンサーが登場した過去の放送をVTRで流していき、番組中盤で流される「日テレ女子アナ忘年会」の足掛かりを作る構成に。

2本目には大泉洋、三浦春馬、高畑充希の3人が、12月28日に公開される映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の宣伝で登場。そして、トークの中盤で「女子アナ忘年会」の映像に一旦転換し、ワイプには忘年会を眺める出演者の様子も映し出されていった。

 

謎の“特番前倒し”放送に

しかし、このときのワイプに映る出演者は、なぜか一様に和服姿という出で立ち。また、『DA PUMP』のISSAなど、通常のSPとは明らかに毛色の異なる顔も見られたため、「正月特番用に撮影した映像なのでは」との疑惑が持ち上がった。

ツイッターにも、

《スタジオのワイプが 正月感満載なんですけど》
《忘年会だって言ってんのに、なぜワイプは正月仕様なんだ》
《ほとんどの人が和服姿っぽいけど、もしかして正月放送予定だった?》
《今夜くらべてみましたが完全に正月仕様なんだけど…》
《ハカマってことは正月特番の想定での撮影だよね笑》
《急遽前倒し?》

などの指摘が続出。さらに、一部では原因を予測する者もいて、

《延期はよくあるけど、前倒しって何があったんだろう》
《ゲストの誰かがやらかしたのかな?www》
《何かのニュースに合わせてきた?》

などといった声も散見されている。

実際、同番組は元日の午後1時から、3時間にわたるSPを放送予定。予告ではISSAも登場していたため、特番用の映像“前倒し疑惑”がより深まっている。

局側には一体どんな都合があったのだろうか。

 

【あわせて読みたい】