香取慎吾が“SMAP解散の元凶”『週刊文春』に魂を売りファン猛反発!

香取慎吾 

(C)まいじつ

稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾の元『SMAP』3人が所属する『新しい地図』が、グループを解散に追い込んだ『週刊文春』に手を貸したとして、ファンや業界に衝撃が走っている。

「今や誰もが知る『SMAP』の解散騒動ですが、直接の引き金となったのは『週刊文春』のインタビュー記事。同誌は2015年1月29日号でジャニーズ事務所副社長・メリー喜多川氏に“対立あおり”を仕向け、『SMAPのマネジャーを務めるI氏が事務所内に派閥を作っている』『事務所乗っ取りや独立を画策している』などと誘導するインタビューを敢行しました。その結果、メリー氏はまんまと術中にハマってI氏を一喝、追放。その後の流れはご存じの通りです」(大手出版社社員)

いわば「文春」は、自らが作った火種を拡大させてSMAPを解散へ追い込んだ、元メンバーにとって“不倶戴天の敵”のはず。しかし、去る12月18日、年内の創刊を控えた新雑誌『週刊文春WOMAN』第1号の表紙画を、何と香取が描き下ろすことが発表されたのだ。

 

ファンの反応は見事に真っ二つ…

記念すべき創刊号の表紙を手掛けるという、明らかな“好待遇”となった今回の一報。この“歴史的和解”にファンの反応は真っ二つで、ネット上には、

《文春のせいで解散したのに協力してどうすんの…》
《かつての敵も味方につけるとは、Iさんさすがだな》
《慎吾にとってSMAPはその程度の存在だったの?》
《これで文春からネガキャンされなくなると思えば懸命な判断》
《Iさん、なんて仕事取ってきたんだ。節操なさ過ぎ》

などといった声が上がるほど、きれいに賛否両論が分かれる状態となっている。

「結局、3人やI氏は一緒に仕事ができればいいのであって、『SMAP』という形を守りたかったわけではないということでしょう。そもそも、I氏が追放されたときに独立へなびいた時点で、3人の優先度が“I氏>SMAP”になっていたことは明白ですから。でないと、大切なグループを解散に追い込んだ『文春』と手を結ぶなんて考えられませんよ」(ジャニーズライター)

“ジャニーズ事務所と対立すると圧力をかけられる”という業界の風潮から、何かと「干されているのでは?」とのウワサが絶えない『新しい地図』。宿敵と仕事をするということは、その証明みたいなものだろうか。

 

【あわせて読みたい】