「実は既婚者だった」と知って驚く美人・イケメン芸能人たち

木村文乃

(C)まいじつ

イメージが何より大切な芸能人。しかし、イメージが先行してしまい、事実が広く伝わっていないこともある。 その最たる例が「実は既婚者」というものだ。

今年10月から『ZIP!』(日本テレビ系)のMCとなり、朝の顔となった風間俊介はそんな1人。35歳だが童顔、さらに『ジャニーズ』所属のため独身だと思われることが多いが、2013年に一般女性と結婚している。

風間が既婚者という事実は、時折思い出したかのようにネット上で話題になり、「風間俊介くんは既婚者なのに女の影、そして子供の影がテレビを通して全く見えないの、めちゃめちゃアイドル」「風間くんを見るたびに、『既婚者とか、ウソだろ…』と思う一連の流れがある」などといった声が上がる。

 

ドラマでは独身役ばかり…

現在放送中のNHK連続テレビ小説『まんぷく』に出演している桐谷健太も、実は既婚者。イケメン俳優枠の桐谷は、アラフォーに突入しても恋愛ドラマなどに多く出演することから、あまり既婚者だと認識されていないようだ。

「桐谷は14年に一般女性と結婚し、既に2人の子どもを持つパパでもあります。同じくパパ俳優・田中圭は、トーク番組などで子どもや妻のことを話すので“既婚者”という印象が強いのですが、桐谷はほとんど既婚者トークをしないので、独身イメージが付いているのでしょう」(芸能記者)

女優の木村文乃も実は既婚者だ。ドラマや映画でヒロイン役を演じることが多い彼女だが、16年11月に当時30代後半の男性と結婚。しかし結婚後も結婚生活をあまり語らないことから、既婚者イメージが付いていないらしい。

「木村はインスタグラムに、『#ふみ飯』というタグを付けて、手作り料理をほぼ毎日投稿していますが、写真はどれもきれいに一人前に盛り付けられたものだけ。夫婦で生活しているはずなのにことさら不自然で、事務所から既婚者感を出さないように指示されているのだと思います」(同・記者)

果たして、そこまで結婚を隠す意味があるのだろうか。

 

【あわせて読みたい】