『NEWS』小山慶一郎、滝沢「恐怖体制」でキャスター降板の裏事情

小山慶一郎 

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

ジャニーズ事務所『NEWS』の小山慶一郎が、日本テレビのニュース番組『news every.』から完全に姿を消した。

小山は今年6月、未成年女子に飲酒を強要した疑惑で番組出演を休止。2週間ほどで謝罪のため一度、番組に復帰したものの、再び出演見合わせとなっていた。しかし12月19日、小山の正式降板が発表された。

「番組のホームページにもずっと写真が出ていたし、年明けあたりにウヤムヤにして出てくるだろうと思われていました。しかし、写真もついに削除。来年より滝沢秀明の新体制になり、事務所の年長者はもちろん、若手でも切る方針。年下では“灰色のウワサ”が多い小山を、徹底的に嫌っているそうです」(ジャニーズライター)

小山は明治大学出身。『NEWS』のメンバーとして活動しているが、その巧みなアナウンス術は上々の評判だった。

「確かにしゃべりはうまいが、態度もデカい。報道された飲み会の場では『オレは事務所でたった1人の本物のキャスターだ』などと言っていたようです。『NEWS』の後輩・加藤シゲアキは小山ヨイショ派。青山学院大出身で、小山の明治ルートと青学ルートで、2人して“楽しんで”いたようです」(同・ライター)

 

滝沢のおかげで小山を切れた日テレ

とにかく、小山に関してはアヤシイ話が後を絶たない。今回の番組降板にしろ、また何かやったのではないかという評判も出ている。

「正直、ジャニーズびいきの日本テレビとはいえ、小山はジャマな存在でしかなかった。キャスターですから不祥事を起こしたら、他人の批判はできない。だから未成年飲酒疑惑のときに、そのまま消えてほしかった。今回、日本テレビは滝沢の合意のもと、小山を切ったとみられます」(日本テレビ関係者)

以前、本サイトでも触れたが『――every.』は夕方ニュースで独走状態。視聴率12、13%を記録することもあり、この時間帯のガリバー的存在だ。

「47歳の藤井貴彦アナを中心に、核になっているキャスター陣は40代、50代が多い。ニュース番組は落ち着いて見られることが大事で、別にジャニーズなんて必要ないのです。小山降板について、藤井アナが小山の手紙を代読。残念がっていましたが、そんなのポーズ。前から番組内では“小山不要論”があったので、逆にせいせいしたでしょう」(同・関係者)

滝沢“恐怖政治”、次は誰がターゲットか。

 

【あわせて読みたい】