指原莉乃は卒業…同い年の白石麻衣は『あと2年』と陰でこっそり

白石麻衣 

(C)まいじつ

『乃木坂46』の人気者、白石麻衣は、先ごろ『HKT48』からの卒業を発表した指原莉乃と同じ、1992年生まれの26歳だ。

白石も以前から「卒業は考えています」と語っているが、その“真相”が漏れ伝わってきた。本人も真剣には考えているようだが、実際には「あと2年ぐらい先」と周囲に話していることも判明。ファンにとってはひと安心というべきか、それほど切羽詰まった発言でもなかったようだ。

「指原は、来年5月まで活動することを明らかにしています。白石も同年代ですから焦りもあるかと思いきや、まるでなし。元『AKB48』の小嶋陽菜のように、できるだけ長く在籍していたい気持ちがあるみたいです。今のアイドル人気を捨てたくないのでしょう」(AKBライター)

一部報道によれば、指原はその人気と人脈を生かし、秋元康氏の指導のもと音楽プロデューサー、九州地区での芸能プロ経営者を目指すともいわれている。

「指原は、秋元氏も言っていますが『人を掌握する才能がある』そうです。いわゆるもとからのリーダーなのでしょう。秋元氏としても、指原を通して九州の芸能界を押さえたい。事務所を作れば勝機は十分あるでしょう」(同・ライター)

 

写真集の美味しさを知るとすぐにはやめられない?

それに比べ、白石にはまだそうした器はないようだ。

「白石はドラマでも司会でも、これだというものがない。歌が好きということは本人も言っているのですが、今どきソロ歌手で売れる保証などない。板野友美が悪い例でしょう。実際、白石は売りものもないし、卒業するより、もうしばらく居るというのが本音」(芸能プロ関係者)

確かに、乃木坂に残るメリットは大きい。昨年2月に発売された写真集『パスポート』は、この12月現在で33万部の刷り部数に達していることが発表されたばかり。

「印税は各出版社の門外不出ですが、推定でギャラ7000万円。撮影は、米国の西海岸で4日間で撮了。単純に言うと日当1千数百万円換算になる。こんなおいしい仕事を辞める方がもったいない」(同・関係者)

これまで白石は写真集を3冊出版。いずれも1、2年ごとに出している。

「来年の夏場あたりにまた出せば、ファンが爆買いしてくれる。写真集を出してすぐ辞めるわけにはいかないし、印税の条件も出てくるので一方的に辞められない。だから次の写真集を考えたら、あと2年ぐらい居るのは普通。彼女の『あと2年先』とも一致します。ラスト写真集といえば、ギャラ1億円も見込めます」(写真集編集者)

たとえ乃木坂を辞めたとしても、白石なら“セクシー一本”でやっていけるに違いない。

 

【あわせて読みたい】